健康保険(社会保険)

健康保険における被扶養者について

健康保険は、日本国内に住所を有する全国民であるならば、加入は義務となっているので、必ず加入しましょう。

たとえば、もし病気に掛かった時に、病院で支払う医療費は、健康保険に加入している場合とそうでない場合では、相当の差があります。

日本においての医療費は高齢化に伴い、年々増加の一途をたどっているのですが、これらの医療費をまかなっているのが、健康保険に加入しての保険料なのです。

日本の保険制度を支えているのが健康保険の保険料なので、しっかりと納めるようにしましょう。

日本の保険制度としましては、社会保険の年金制度・健康保険制度・雇用保険制度の3つがありますが、健康保険はこれらの社会保障制度の1つであります。

これらの社会保険の制度の中において、被扶養者は同一の基準で運営されているのをご存知でしょうか?

被扶養者は誰のことを指すかと言いますと、就学中の子供、年収が130万円を超えない配偶者、年収が130万円を超えない同居の親族というのが、基本的な対象となります。

健康保険の加入者の中には、子供の就学や単身赴任などで同居できない場合などもありえます。

そのような場合は、遠隔地の申請などを行うことにより、保険証が別途発行するようにして対応しています。

以前は、保険証に被保険者を記入しておりましたが、現在では健康保険証のカード化することで、被保険者並びに被扶養者に個別に発行されることになりました。

健康保険証は、身分証明書に使われることが非常に多いので、大切に保管しましょう。

健康保険の制度により、被保険者の被扶養者は、被保険者が加入している保険制度と同じ保険制度が適用されることになっています。

被保険者がもし、社会保険に加入しているのであれば、その被扶養者も社会保険が適用されると言うことです。

それで、健康保険の給付内容については、どのようなものがあるかを以下のようにまとめました。

保険者の場合:所得保障、出産育児一時金の支給、出産手当金支給、療養の給付、保険外併用療養費の支給、訪問看護療養費の支給、移送費の支給、入院時食事療養費の支給、入院時生活療養費の支給など

被扶養者の場合:家族療養費の支給、療養の給付、家族移送費の支給、家族埋葬料の支給、家族出産育児一時金の支給、入院時食事療養費、入院時生活療養費、保険外併用療養費、家族訪問看護療養費の支給など

上記の他には、保険者・被保険者ともに高額医療費の支給や療養の給付などにおいて、自己負担金が著しく高額になる場合には支給がありますし、高額介護合算療養費の支給などもあります。

健康保険において、どのような支給があるのかを知っておくことは大切なことです。

昨今の不景気で、健康保険料もかなり負担となっています。

確定申告をして、保険料を確定するような国民保険に加入している人ならば、このマニュアルは、かなり役に立つはずです。

今すぐできる!! 国民健康保険料の激減マニュアル

健康保険(社会保険)

健康保険をうまく利用しましょう。

日本の健康保険制度の改善が叫ばれて以来、何年にもなりますが、なかなかその方向や改善案として、らちが明かないです。

そもそも健康保険制度が、どのようになっているのか理解している方は少ないと思います。

それで、健康保険について簡単に説明しますと、健康保険は大きく分類してますと、4つの種類からなっていることが分かります。

まず第一に、企業グループ等の健康保険組合。

第二に、政府管掌の健康保険。

第三に、共済組合、船員保険。

第四に、国民健康保険

この4種類の中で、国民健康保険を除くと、政府管掌の健康保険や企業グループなどの健康保険組合、共済組合の場合は基本的に強制加入となっています。

会社や公務員などを退職した際には、国民健康保険に変更する必要がありますので、気をつけなければいけません。

ただし、企業グループの健康保険組合や共済組合健保などに、2年間の期限付きで任意継続申請し、企業の健康保険の加入を継続することができます。

企業グループの健康保険組合や共済組合健保などは、国民健康保険と比べますと、医療負担が多少軽いので、任意継続は出来るならば申請したほうが良いかもしれません。

任意継続した場合の被保険者は「任意継続被保険者」となります。

申請には印鑑・身分証明書と、扶養者がいれば被扶養者の所得確認書類又は離職票が必要ですが、要確認と言うところです。

任意継続の場合の利点としまして、前年の所得で保険料が決まる国民健康保険に比べて、保険料が割安になる可能性があります。

ただし、任意継続の場合は企業の負担分が無くなりますから、支払う健康保険保険料は上限はありますがほぼ倍になるところが、難点です。

企業を退社する訳ですから、仕方がないところですが、、、。

この任意継続の健康保険は原則として毎月10日が納付期限ですから、注意しましょう。

もし未納となった場合には、翌日から資格喪失となりますから、納付期限をしっかりと守りましょう。

中には理由について勘案される場合もあるようですが、原則としては認められませんので、任意継続の申請をする際には、きちんと理解しておきましょう。

もし、任意継続をしていて健康保険料を納めた後に、国民健康保険へと変更した場合には、重複既納分は還付されることになりますから、心配はいりません。

また企業グループなどの健康保険組合の場合ですと、「特例退職被保険者」制度を設けている場合があります。

この場合は、満75歳まで継続して任意継続できるようなので、現在加入している健康保険組合に確認してみましょう。

ただし、「特例退職被保険者」の制度を持つ健康保険組合の数なのですが、全国1,500前後ある健康保険組合の中で、わずか70弱しかないようなので、あまり期待はできないでしょう。

健康保険の制度を維持していく上でも、健康保険にしっかりと加入して、保険料をきちんと納める必要があります。

健康保険(社会保険)

健康保険の種類について

よく会社に就職しますと、健康保険に加入するようになっていると聞きますが、この健康保険について、いろいろと調べてみました。

昨今、派遣の仕事をしていた人が、不況で契約が打ち切られて路頭に迷う人が増えているとのニュースが多く流れますが、このような方々の保険がどうなのか気になるところでもあります。

ところで、「健康保険」とは、社会保障の社会保険に分類されているのだそうです。

健康保険というのは、健康保険に加入している被保険者が、病院などで医療を受けなければならない状態になった時、その医療費に対して保険者が一部負担する制度のことです。

日本においては、「国民皆保険」という方針の下に法律を制定し、日本国内に住所を有する全国民(日本に1年以上在留資格のある外国人も含む)が、何らかの形で健康保険に加入するようしているのです。

国民皆保険とはいうものの、家も無く公園等で寝泊りしているような人はどうなるのでしょうか?
いわゆる住所不定無職と言う方たちは、、、

基本的なことですが、日本においては、健康保険は強制保険となっているのだそうです。

まず、「被用者保険」は企業などに働く人たちが加入する健康保険をさします。

この被用者保険において、次の4つの健康保険の種類に分けることができます。

1.全国健康保険協会管掌健康保険
:健康保険組合を持たない企業の従業員が加入する健康保険。
2008年10月からは政府管掌健康保険として、全国健康保健協会が運営していいて、中小企業の従業員は、ここに加入することになります。

2.組合管掌健康保険
:企業や企業グループ(単一組合)、同種同業の企業(総合組合)、一部の途方自治体(都市健保)などの健康保険組合が運営している健康保険です。
2008年8月現在では、1,500の健康保険組合があり、5月1日のメーデーで声を張り上げる人たちはここに加入していることになります。

3.船員保険
:船舶の船員に対する保険です。
健康保険・雇用保険・労働者災害補償保険を総合保険として行っており、2010年1月からは全国健康保険協会が運営の予定なので、1と同様な感じになるでしょう。

4.共済組合
:国家・地方公務員、独立行政法人、日本郵政グループ職員、私立学校教職員が対象の保険です。
厚生年金も併せて運営しているので、上記の1.2.3.とは、性格が異なっていると言えます。

被用者保険以外では、「国民健康保険」があります。

これは地域保険として全ての個人事業主・政府管掌の適用事業所でない個人事業主の従業員無職者が加入するものです。

・国民健康保険
:国保と称されていて、市町村並びに東京都の23区の運営されているものと、国民健康保険組合が運営するものがあります。

大別すると、上記のように2種類に分けられると言うことです。

日本国内に住所を有する全国民(日本に1年以上在留資格のある外国人も含む)は、必ず上記のどれかに加入していることになるはずだと思います。

地震保険

地震保険に加入したら、年末控除を利用しましょう

もしあなたが、地震保険に加入したのでしたら、年末調整で控除を受ける為に、地震保険の保険料をしっかりと申告すべきですね。

地震保険料と年末控除に関して調べてみましたので、参考にしてみてください。

地震保険料と年末調整控除というのは、納税者が特定の損害保険契約などに係る、地震保険部分の保険料や掛金を支払った場合に、支払った保険料をその年の総所得金額等から控除できる制度なんです。

毎年、会社勤めしている人であれば、年末近くになると、保険でいくら払っているかを書く用紙が、総務から渡されるかと思いますが、その用紙に、地震保険料も記入すると、控除の対象になりますと言うことです。

地震保険料と年末調整控除については、平成19年分の確定申告から、損害保険料控除がなくなり、地震保険料控除が新たに設定されましたので、気づいた方も多いことかと思います。

この地震保険料と年末調整控除が新たに設定されたのは、ここ数年、地震が頻発したことによる国民意識の啓蒙を含めて、地震保険への加入促進という意味合いもあるようです。

その結果、火災保険や損害保険などでは控除が受けられなくなり、そのかわり、地震保険料によって年末調整で、控除されるようになります。

損害保険のみに加入している人には、残念なことではあります。

しかし、今までの損害保険料控除の限度額は1万5000円(住民税は1万円)でしたが、改定後では、地震保険料控除の限度額は5万円(住民税は2万5000円)となりますので、地震保険に加入している方には、とても有利となったのです。

ただし、経過措置として、一定の長期損害保険契約等については、考慮がされていて、いくつかの用件をみたすものに関しては、地震保険料として、年末調整控除の対象になるのです。

地震保険料と年末調整控除の対象となる保険や共済の契約は、納税者や納税者と生計を一にしている配偶者その他の親族が所有している居住用家屋・生活動産を保険や共済の目的とする契約なのです。

そして、地震、噴火又は津波等を原因とする火災、損壊等による損害の額を補填する保険金や共済金が支払われるものに限られています。

地震保険料と年末調整控除については、理解しにくい部分が多いかと思います。

しかし、理解してしっかりと申請するならば、少しでも得になることです。

年末調整控除についてや、地震保険などについて、しっかりと情報を入手して家計に役立てたいものです。

地震保険

火災・地震保険に加入する際は、比較サイトで検討しましょう

家を購入しようとしている方、家をもたれている方が、必ずは一定おくべき保険が火災保険であり、地震保険ですね。

特に地震はいつ何時来るか分かりませんし、地震予知の精度が上がっているとは言うもの、100%ということは無く、直下型の大きな地震に見舞われたら、地震に強い家でも大なり小なり被害が発生します。

地震保険・火災保険は大切な財産を守る保険ですから、きちんと加入しておきたいものです。

地震が心配だと感じている方は、現在加入している火災保険・地震保険が一番我が家に適しているのかどうなのか、補償の内容や保険料について、他社の保険内容や保険料を比較してみてはいかがでしょう。

地震保険の比較しているサイトは、インターネットの中に、いくつかありますので、参考にするのも良いでしょう。

地震保険の比較サイトは、どのサイトも保険に関するさまざまな情報が、とてもわかり易く解説していますし、保険の基礎的な知識を入手するには十分だと言えます。

例えば、AIU保険会社の地震保険の比較サイトでは、地震保険について、Q&A形式で紹介していて分かりやすいと思います。

地震保険と火災保険の違いにポイントを置きながら、気になる保険料について理解できるようになっているので、分かりやすいことでしょう。

また、日本の代表的な保険会社から資料を請求できる保険市場というサイトでは、地震保険の比較について、損害保険会社の情報を十分に提供してくれています。

オールフィールドというサイトは多種多様な比較をしていますが、地震保険の比較のページでは、地震保険の基礎知識に始まり、地震保険の用語集といった情報を入手することができるので、とても便利なサイトです。

地震保険の比較をしてみますと、数多くの会社を調べることになり、今まで知らなかった保険の内容についても、いろいろと分かってくるので、より自分にあった保険を選ぶことができるでしょう。

さらに24時間、いつでも資料請求ができるところがインターネットの良い点と言えるので、十分活用しましょう。

地震保険の注意していただきたい点は、保険料については、変わりがなく、加入している火災保険にプラスさせるということですので、地震保険比較サイトでは、地震保険はもちろんですが、火災保険の得なかけ方を知ることが重要となるということですね。

ちなみに、我が家の火災保険と地震保険の保険料は、年間24,000円ほどで、火災における保険金額は1800万円、地震における保険金額は900万円です。

月に換算したら2,000円程の保険料ですから、安いものだと思います。

地震保険

備えあれば憂いなしの地震保険

日本は地震の多い国ですが、地震保険への加入はそれ程多くは無かった保険の一つと言えます。

なぜかと言えば、地震というものは天災ですから、防ぎようが無いものであり、また、地震が起きている地域がある程度限られていたと考えられていたからです。

ところが、大阪・兵庫で起きた阪神・淡路大震災は、それまで地震が起こらない地域だと考えられていた地域だったにもかかわらず、地震が起き、その災害はとてつもなく大きなものでした。

それゆえに、阪神・淡路大震災以降、地震保険への加入が急増した損害保険の一つとなったのです。

一般的な火災保険において、火災保険約款により、地震・噴火・津波によって生じた火災による損害を免責事由としている為、地震などの天災に関して、火災保険が役に立ちません。

つまり、地震を原因とする火災による損害や、地震により延焼・ 拡大した損害は補償され無いということです。

なぜ、火災保険が地震などに対して保険が効かないかと言えば、火災保険が人為的なものによる火災に対しての保険を目的としているからでもあります。

地震などの天災に対しての保険を目的として実現したのが地震保険なのです。

つまり、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没または流失による損害を補償するために生まれたのが、地震災害専用の保険、地震保険なのです。

地震保険が対象としているのは、居住用の建物と家財なので、基本的に火災保険に付帯する方式での契約となります。

つまり、地震保険は火災保険への加入が前提であり、火災保険とセットで契約するようになっているということです。

もし、すでに火災保険を契約しているのでしたら、契約期間の途中からでも地震保険に加入ができるということです。

地震保険というのは、地震等による被災者の生活の安定に寄与することを目的としていて、民間保険会社が負う地震保険責任の一定額以上の巨額な地震損害を、政府が再保険することにより成り立っています。

民間と国が共同で地震保険を成り立たせているともいえるのです。

地震保険で保険金が支払われるのは、保険の対象である建物または家財が全損、半損、または一部損となったときです。

地震保険の保険料の算出ですが、保険対象である建物、および家財を収容する建物の構造、所在地により決まります。

地震保険の保険期間は、短期の場合と、1年および長期(2年〜5年)の場合とがあります。

地震保険について詳しく知るには、各損害保険会社の相談窓口または代理店に相談するのが良いでしょう。

備えあれば憂いなしの諺どおり、地震保険も火災保険と共に加入しておくことに越したことは無いでしょう。

火災保険

火災保険の申告をして年末調整で控除をもらいましょう

年末近くになりますと、サラリーマンの方は年末調整ということで、保険料をいくら払っていますと申告したりして、税金の調整があります。

その際には、火災保険に入っていれば、控除の対象となるので、申告していると思います。

新居を購入した時というのは、大概は火災保険に入りますので、損害保険料控除の対象になります。

一般のサラリーマンなどの納税者にとって、火災保険を申告して、年末調整の控除を受けるようにすれば、税金が戻って来ますので、とても助かります。

火災保険で年末調整の控除を受ける為の申告について例を挙げてみますと、例えば次のようになります。

マイホームを新築し、火災保険料を20年間一括で支払った場合、20年満期で満期返戻金などが支払われるタイプの「一括払い火災保険料」で、これを20で割ってみると1年分の火災保険料に換算でき、
これが年間保険料となります。

この年間保険料を申告すれば、控除を受けられると言うわけです。

分かりやすく言えば、火災保険と年末調整控除を考えた場合、火災保険の満期となるまで、毎年、この年間の保険料が損害保険料控除の対象になるということです。

火災保険に加入していれば、毎年1回、損害保険会社から「損害保険料控除証明書」が送られて来るはずです。

この証明書はなくさないで取って置きましょう。

これを、年末調整の税金の申告に使用して、控除の対象として使用するのです。

具体的な申告方法は、ここに記載された証明額(あるいはその12ヶ月換算額)を、保険料控除申告書に記入し、「損害保険料控除証明書」を貼り付けて勤務先に提出すれば、年末調整をしてもらえるというわけです。

注意しないといけないのは、保険契約の内容によって、1年分限りしか損害保険料控除が取れないのか、20年間にわたり毎年取れるのかが変わってくるということです。

火災保険の年末調整の控除については、損害保険会社に確認を取れば、確実に分かりますので、気軽に問い合わせてみてください。

いずれにしても、 火災保険の年末調整控除は、しっかりと申告をして、適用を受けるに越した事はありません。

せっかく税金が戻ってくるのですから、受取れるようにしましょう。

ただ、税制改革は毎年のように行なわれますので、火災保険における年末調整控除については、最新の確かな情報を手にいれておくことが大切です。

火災保険の内容によっては、年末調整控除の対象にならないタイプのものもありえるかもしれませんので、保険会社に確認しておきましょう。

火災保険

火災保険の見積りをしっかりと取りましょう

マンションや一戸建ての自宅を購入する際は、火災保険に必ず加入するようになっていますが、火災保険の契約金額はどんな感じなのでしょうか?

ローン契約と合わせて加入するというイメージになるので、気になるところであります。

火災保険の見積もりは、ローン契約を結ぶ金融機関からの提案があり、ほとんどはそのまま火災保険の契約をするというのが一般的なようです。

また、火災保険の見積もりも何社か候補があげられ、どの火災保険が良いかを選ぶといったスタイルが通常です。

しかし、自分で気になるような火災保険の見積もりを、数社ほど取ってから、検討して見るのもよいと思います。

内容を検討しながら、必要、不必要をハッキリと考慮して、火災保険の見積もりをみていくと、意外と保険料に違いが出てくるものなんです。

WEB上には、火災保険の見積もりサイトが多数ありますので、それを利用してみるのも良いでしょう。

サイトによっては、10社もの火災保険の見積もりが簡単に取れたり、各社の特徴を知るのも簡単にできるのです。

例えば、<火災保険見積もり.com>と言うサイトでは、火災保険がなぜ必要かにはじまり、居住形態の違い、何に保障を付けるのかといった流れで、火災保険の見積もりについて調べて、検討していくことができるので、結構、分かりやすいです。

火災保険には多くの割引制度があるので、見積もりを取るときには、それらも十分に考慮すると良いと思います。

各保険会社によって、割引はさまざまありますので、チェックしてみると良いでしょう。

建物の建築方法や耐震の度合いなどにより、どの割引が適用されるかが違いがありますので、良く確認しておくと良いでしょう。

<保険のガイド>というサイトを見てみますと、動画でいくつかの保険会社の紹介をやっています。

最大6社の火災保険の見積もりが取れますので、このサイトもチェックしてみて損はないでしょう。

もちろん、保険料が安いに越したことはないですが、その保障内容が貧弱な感じでは保険をかける意味が無いので、その辺も十分考慮が必要でしょう。

火災などにあったりしなければ、火災保険は必要ないと言ってしまえばそれまでですが、保険と言うのは転ばぬ先の杖。

火災保険には加入してない人に限って、火災とかにあったりするものです。

しっかりとした火災保険に入りましょう。

火災保険

住宅ローンを組む時、火災保険も必ず加入しなくてはならない

住宅を購入しようと考えた時、だいたいは住宅ローンを組まれるかと思います。

どこの銀行で住宅ローンを組むのか?公的機関ではどうか?などといろいろと考えるかと思いますが、その住宅ローンと合わせて火災保険加入も検討されると思います。

住宅ローンと火災保険をどのようにするのかと考えた場合、住宅ローンを組むのでしたら、火災保険とは切っても切れない関係にあると考えるべきでしょう。

なぜならば、住宅を購入する際には、火災保険に加入しないと、金融機関からの融資が受けられないと言う形をとっているからです。

一般的に住宅ローンは長期期間にわたって組みますので、その間に住宅、住人において何があるか分かりません。

突然に生計維持者が交通事故かなにかしらで亡くなってしまうとか、火事や災害といった不慮の事故で、家が全焼・全壊してしまうことも十分にありえます。

そのような状況に陥った場合、住むところは無くなった上に、住宅ローンはかなりの期間が残っているという最悪な状況になってしまいます。

住宅ローンと火災保険の関係というのは、お金を借りた側(自宅を購入した人)、貸した側(金融機関等)ともに困ることのないように保険を利用するため、住宅ローンを組む人は、必ず火災保険にも加入しなければならないのです。

このように、住宅ローンと火災保険は密接な関係にあるといえます。

住宅ローンにしても火災保険にしても、長期に渡る保険ですから、住宅購入時に、一括して保険料を支払うとなると、かなりの高額になります。

しかし、作今、災害について長期的なリスクが読めなくなっていることもあり、保険適用期間の見直しがありました。

保険適用期間というのは、今まで、多くの場合が金融機関の設定したままの保険状況でしたが、見直しと共に、現在は、住宅ローンと火災保険については、当初の契約した内容を継続していくと言うものではなく、更新時に見直してみることも必要となっていると言うわけです。

保険会社では相談窓口を設けているところもありますので、気になる方は、ご自分の保険内容を確認してみることをオススメします。

また、これから契約をしようとされる方であれば、素人では判りにくい住宅ローンと火災保険について、いろいろ相談してみるのが良いでしょう。

また、WEB上で、住宅ローンと火災保険について、調べて見ると良いと思います。

住宅ローンと火災保険の関係は、そのつながりを聞いてみると納得できるものでもあり、大切さも分かります。

住宅購入はとても大きな買い物ですから、いざ何かあり、全てを失ってしまってからでは遅いので、きちんと火災保険を掛けておきましょう。

火災保険

火災保険比較サイトでお得な火災保険を見つけましょう

皆さんは、火災保険に入っていますか?
火災保険に入っておくと、火事などのいざと言う時に、本当に役に立ちます。

大切な家屋が火災にあうと、一瞬にして全てを失ってしまいます。
そのような時に役に立つのが火災保険であります。

できる限り火災保険に入りましょう。

火災保険と一口に言いましても、各保険会社が出している火災保険にもいろいろとありますので、しっかりと比較検討することが大切です。

インターネットの中には、いくつかの火災保険比較サイトが存在しますので、チェックしてみるのも良いでしょう。

どの火災保険比較サイトの中身を見ましても、保険に関するさまざまな情報が、とてもわかり易く解説してあり、検討するうえでとても役に立つはずです。

火災保険の比較をする時には、数多くの保険会社の火災保険を比べてみるのが良い方法かと思います。

火災保険比較サイトの中には、火災保険の専門のアドバイザーからアドバイスを受けることも出来るサイトがあります。

いろいろなアドバイスや情報から、火災保険のお得なかけ方を知ることができますので、大いに利用してみることをオススメします。

また、火災保険比較サイトの大きな特徴としまして、24時間、いつでも資料請求ができますし、見積もりについても対応していますので、本当に便利だと思います。

<火災保険比較.net>とはオススメなサイトの一つですが、「火災保険を賢く選ぶ時代」という、キャッチコピーでもって、数社の火災保険の見積もりを一括請求できます。

もちろん、WEB上で火災保険の内容をじっくりと比較検討できますから、焦ることなくじっくりと、火災保険について考えることができると思います。

<火災保険比較.net>のまた大きな利点は、顧客が本当に必要とする保険の種類に基づき、無駄な出費を省いた適正なプランをアドバイスしてくれますので、火災保険の比較サイトとしてとても人気もあります。

<火災保険比較.com>では、「もしも」の時の助けとなりますという、コンセプトのもとに、顧客にとって、適正な補償プランを提案してもらえますので、利用してみるのも良いでしょう。

<火災保険比較.com>ならではの、わかりやすい解説は、人気の原因の一つにもなっています。

もちろん、簡単無料一括見積りもできますので、見積りを見てから検討もできます。

火災保険の基礎的な知識を入手したいのであるならば、火災保険比較サイトはとても役立つサイトでしょう。

火災保険に加入する際に、それ程比較検討することなく、保険代理店をしている知人を通して加入しましたが、特別に知人とかいらっしゃらないのでしたら、こういった火災保険比較サイトで、じっくりと情報を集めてから、加入するのが良いと思います。

  1 2 3 4  次の10件>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。