ガン保険の賢い選び方 > ガン保険 > ガン保険を選ぶ際の基準は何?

ガン保険

ガン保険を選ぶ際の基準は何?

長期にわたってのCMや、日本の保険会社が厚遇なガン保険を発売することにより、ガン保険に対する関心も高くなっています。
加入率も高まるなかで、保険会社各社から出されているガン保険を良く比較検討し、自身にあったガン保険を選ぶことが、いざと言う時に保険に入っていて良かったと実感することもあることでしょう。

ガン保険の選び方、選ぶ際に重要視するポイントは人によってそれぞれ違うかと思いますが、ここでは選び方の一例を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ガン保険の選び方で多くの人がポイントにすると思われるのが保険料だと思います。

一体いくらくらいの保険料のガン保険がいいのか?

安すぎる保険料のものは保障も薄いのだろうか?

考え出すときりがないくらい悩みが出て来るかと思います。

保険料の目安はざっくりと言えば、月額5,000円〜1万円。
独身や子供がいない夫婦なら、月額5,000円程度の保険料のガン保険で十分です。

万が一、癌になっても、保険料でまかなわなければならない費用がほぼ治療費のみで、他の生活保障などはないタイプです。

逆に、子供がいたり、親の面倒を見ている人は、治療費以外の面での普段貴方が稼いでいる生活費を捻出を考慮しなければならないので、それなりの保障が必要になってきますね。

特に自身の健康が収入にダイレクトに影響する自営業は、出し惜しみせずに保険料を奮発するガン保険を選ぶようにしたほうが良いでしょう。

その場合の目安は1万円程度になるかと思います。

保険料の次にガン保険の選び方で重要になってくるのが、保障の内容。

当座をしのぐための一時金が出るのか、何度入退院をくり返してもそのつど保障してもらえるのか、その保障額はいくらなのか、など、さまざまな条件を照らし合わせてガン保険を選びましょう。

最近では、実際に癌治療にかかった費用をすべて保障してくれる“実損てん補”タイプのガン保険も増えてきているようですね。

“実損てん補”タイプは、使い道次第では保障が定額で支払われる定額タイプよりもかなり使えるガン保険となるとも言えます。

詳しくは各保険会社に問い合わせてみてくださいね。

ざっとガン保険を選ぶ際の基準を考慮して見ましたが、最終的には自身の生活環境と生活費などが決め手になるのではないでしょうか?
必要以上に癌に対して心配になることは良いこととは言えませんが、それでも転ばぬ先の杖であることを考えると、無理のない保険料のガン保険に加入することは大切だと思います。

医療・ガン保険を自分でじっくり選ぶなら、保険モールへ



<<ガン保険は終身保険がよい?それとも定期保険? | ガン保険の賢い選び方トップへ | 女性の社会進出とガン保険加入>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。