ガン保険の賢い選び方 > 個人年金 > 個人年金に加入する人が増えています

個人年金

個人年金に加入する人が増えています

昨今の年金問題が、一向に解消されないことから、公的年金から個人年金に関心が高まっているようです。
今まで、年金に関心を持っていない人も多かったかと思いますが、公的年金が大変不安視される中、自分自身でそれに変わる何かしらの貯金なり投資などによって、解消するより他ないのでしょう。

個人年金といえば、公的年金が不安になってきた昨今、真剣に考えておかなくてはならないものです。
定年退職後の生活資金はもちろんのことですが、定年後に続く老後へ向けての生活資金はどうしても必要になります。

残念なことですが、若い頃から個人年金を考えておかなくては、不安な時代になってしまったと言うことです。

若い今からコツコツと積み立てて、老後は働かないでも一定のお金を受取れるようなものが、個人年金なのです。
個人年金の積み立て方法としては、毎月、定額を払い込むと言うのが一般的なものです。ます。

そして、契約通りに、決めた年齢まで払い込み続けることで、その後、あらかじめ契約で定められた年齢から、年金というかたちで支払いが開始されるというわけです。

個人年金といえば、民間の生命保険会社が販売しているものが、大概、思い浮かぶところでしょうか。
民間の生命保険会社以外では、郵便局も個人年金を扱っていますね。

しかし、急用でまとまった現金が必要となった場合、気軽に個人年金の積み立てから、お金を引き出すことができないところは、一般的な貯蓄とは違います。

一方、貯金というのは、個人の経済状況により、定額で預けたり、また、余裕のあるときなどは、多く貯金というかたちで、金融機関へ貯蓄していくもので、預けたり引き出したりすることに自由度があります。

個人年金の場合ですと、普通はあらかじめ契約にて決めた金額を期日までに、必ず払い込みしなくてはならなく、貯金のような自由度はありません。

その点、貯金している場合なら、財布の中身と相談して、貯金へまわすことができ、必要となった時、自由に引き出せるわけです。

ただ、老後の生活資金準備のために貯金を始めたとしても、自由に引き出せる貯金では、個人年金と同じように自分で貯蓄の管理をしていくのは、大変な部分もありますので、やはりきちんと管理できる個人年金が良いというわけです。

公的年金に見切りをつけて、民間の保険会社が販売している個人年金や郵便局の個人年金に入る方が大変増えているようです。
自分の老後の生活費は、公的年金よりも民間で管理する個人年金のほうが安心できるといことなのだと思います。

公的年金は信用できないところがたぶんにあるので、個人年金などで自分のことは自分でしっかりと準備した方が良いですね。



<<アリコの医療保険はガン保険と遜色ない | ガン保険の賢い選び方トップへ | 各社が出している個人年金を比較してみよう>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。