ガン保険の賢い選び方 > 個人年金 > 変額個人年金というのを知っていますか

個人年金

変額個人年金というのを知っていますか

変額個人年金と言う保険は、あまり聞いたことがないですが、いわゆる個人年金とはどこが違うのでしょうか?
個人年金と言っても保険であることには違いはないので、それほど差異はないと思うのですが、少し気になりますね。

変額個人年金というこの年金なのですが、支払う保険料は基本的に変わりません。
ただ、将来の年金額は運用実績次第で変動する仕組みになっているという点で、いわゆる個人年金保険の中でも別類に分けられます。

この個人年金の支払った保険料は、一般の保険料の運用とは区別されている特別勘定というもので運用されるのだそうで、特別扱いとなるわけです。

特別勘定には、安定運用を目指した債券中心の運用方法を取るものから、積極運用を目指した株式中心のものなどがあり、別枠となっています。
その関係もあり、変額個人年金の一番のメリットは、特別勘定の運用成績がよかった場合には、当然のことながら、受取る年金額が増えるということです。

また定額の年金に比べた時、インフレに対して安心感があると言えます。

更に利点としては、固定の予定利率ではないため、金利上昇局面においては、定額年金より有利になる可能性が高いということです。

しかし、必ずしもメリットばかりがあると言うわけではなく、変額個人年金にもデメリットはあります。

変額個人年金の場合、特別勘定の運用成績が悪かった時などは、受取る年金額が支払った保険料を下回ることもありえて、元本割れを起こす可能性があるということです。

商品にもよるのですが、最低保証のある変額個人年金商品の場合には、運用成績が悪かった場合でも、元本は保証されるようになっているものもあるので、その辺は要チェックすべきでしょう。

また、変額個人年金の場合には、保険料控除が個人年金保険料控除の対象にならず、生命保険料控除の対象にしかならないことは注意しておきましょう。
すなわち、他の生命保険で控除枠を使っていれば、控除の恩恵を受けられないことになります。

以上の内容について、変額個人年金を選ぶ場合には、よく検討する事が大切だと思います。
個人年金に加入する際には、いくつか保険会社から資料の取り寄せるをすることからはじめると良いでしょう。

変額個人年金のメリット、デメリットをよく理解して、選ぶようにした方が良いでしょう。
もちろん、個人年金の保険自体、種類がそれほどあるわけではないので、資料を取り寄せても、比較したりするのにそれほど大変ではないでしょう。

変額であれ固定であれ、より自分にあった個人年金に加入するようにしましょう。


<<アフラックの個人年金に注目してください | ガン保険の賢い選び方トップへ | 個人年金はどの保険料控除の対象になるのか>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。