ガン保険の賢い選び方 > 子供保険 > 子供保険は0歳から加入しましょう

子供保険

子供保険は0歳から加入しましょう

子供が出来てから準備を考え始めるものに、子供保険がありますね。
最近は、何かと物騒なこともありますし、病気についても気をつけなければならないことが多いです。
また、子供の受験のことを考えると、子供保険に加入することに越したことはないと思います。

子供保険の加入の目的としては、子供が怪我をしたり、病気になったりといった医療保険と、教育資金のための積み立て型の大きく分けて、2つの目的で加入することが多いです。

子供保険の多くは、万一親が病気や事故で高度障害を負った場合や、死亡した場合には、その後の保険料は免除されます。
そして、子供保険が満期になった時の祝い金や、その他のお祝い金を受け取ることが出来るようになっています。

子供保険については、どこの生命保険会社にも用意されているようです。

ある保険会社では、子供保険の満期受け取り時期を自由に設定することが出来るなど、保険の自由度を高めているところもあります。

たいていの子供保険の満期は、大学受験に合わせた18歳満期が一般的となっているようです。

そして、高校受験時に一部の保険金を受け取ることが出来るようにして、学資保険的意味合いも含めることが多いです。

子供保険は0歳から加入できるようになっていますので、保険料を安くしたいと考えるならば、子供が生まれてすぐに加入すると良いです。

出来れば、子供がお腹にいる間の内から、どの保険会社の子供保険に加入するかなど、しっかりと決めておくと良いと思います。
生まれて間もない時期と言うのは、何かと手間が掛かりますので、子供保険への加入の時期を逃すこともあります。

気がつくと、加入が遅くなり、保険料も高くなってしまうことも多々あります。

保険会社によっては、0歳から加入した場合、小学校入学時から、満期金を受け取るように設定ができ、私学の小学校を考慮している親にとっては役に立つ子供保険もあります。
そして、受験の時期にあわせて、中学入学時にいくら、高校入学時にいくら、大学受験時にいくらと決めることも出来るので、学資保険としての加入にも良いですね。

子供保険の保険料を抑えようと考えるなら、大学受験の時だけに満期金を受け取ることができるように設定すると、保険料はだいぶ安くて済むようです。

子供の教育費は、小さいうちよりは、大きくなってからのほうが、かなり掛かります。

高校受験や大学受験を前にして、塾に行くようになることが多くなりますので、教育費はかなり掛かります。

また、市町村にもよりますが、子供の手当ては、だいたい小学校の高学年くらいまではでるのですが、それ以降は手当ては出ません。

そこで、子供が大きくなってからの、一番お金が必要になる時の事を考えて、子供保険を学資保険代わりに加入するべきだと思うのです。

私事で申し訳ないのですが、我が家では、子供保険に加入し損ねて失敗したと思っています。
特に、高校以降は、教育費が飛躍的に掛かることが想定できますので、子供保険に加入することで、経済的な不安を少しでも軽くしておけば良かったと後悔しています。

<<個人年金はどの保険料控除の対象になるのか | ガン保険の賢い選び方トップへ | 子供保険を比較して、目的にあったものに加入しましょう>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。