ガン保険の賢い選び方 > 子供保険 > 子供保険を比較して、目的にあったものに加入しましょう

子供保険

子供保険を比較して、目的にあったものに加入しましょう

奥さんが妊娠して、子供が出来たら最初に考えておいた方が良いのが、子供保険だと思います。
子供に保険をかけておくことで、いざ何かあったときにとても助かりますし、生まれる直前くらいから保険を掛けておきますと、生まれてからよりも保険料が安かったりします。
また、子供が生まれてからでは、育児に忙しくて子供保険をどれにするかの検討している暇がないことでしょうから、生まれる前から検討しておくと良いです。

保険会社が出している子供保険を比較する際に、保険会社で比較する場合とその内容で比較する場合の両面を考慮する必要があります。

子供保険を保険会社で比較した時の人気一位は、アフラックのかわいい子供の保険になります。
アフラックの子供保険は、出産予定日の140日前から加入することが出来ますので、出産前からしっかりと加入することが望ましいです。
この子供保険は、特に15歳から18歳までをサポートする保険となっていて、18歳に受け取る祝い金を100万円から800万円まで10万円刻みで設定することが出来るなど、自由度が高いと言えます。
注意していただきたいことは、この子供保険の契約時期に制限があり、子供が0歳から5歳までとなってる点です。

そして、第二位の人気はアリコジャパンの子供保険となってます。
アリコジャパンの子供保険は、万一怪我で子供が入院した場合に、日額5000円が支払われる点で、医療重視の保険ともいえます。
また、一泊二日の入院から保障の入院金がありますので、他社の子供保険よりも医療保障が充実しているところに特徴があります。

上位2社の他に、三井住友海上きらめき生命保険の子供保険では、一人一人の子どもの状況に合わせて保険プランが立てられるようになっていて、一度の何人かの子供さんが加入する際に、自由度があり、加入しやすいところがあります。

少しマイナーな保険会社としては、太陽生命の子供保険があります。
子供の3大疾病の保障や、子供が15歳や18歳になるまでに保険料の振込みが完了するようにプランが立てられているなど、子供の年齢に応じた支払い方法があります。

次に、子供保険をその内容で比較した場合には、大抵の家庭に言える事ですが、子供にお金が掛かり始める前の15歳までに、子供保険の保険料の振込みが完了している方が家計の負担が軽くなりますので、望ましいと言えると思います。

また、子供の医療に関わる怪我や病気の保障に関しては、別の掛け捨て保険でまかなうようにして、学資費用を中心にした子供保険を選ぶようにすることで、子供に関わる保険料を減らすことも良い考え方ではないかと思います。

理由としては、子供が二人、三人となってくると、保険料が大変になるからです。

なるべく、子供が小さい段階で、子供保険に入ることが大切。
できれば、出産前から加入しておきますと、保険料も安く学資保険的な貯蓄ができるのでオススメです。

<<子供保険は0歳から加入しましょう | ガン保険の賢い選び方トップへ | 子供保険ならアフラックは人気第1位>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。