ガン保険の賢い選び方 > 子供保険 > 生協の子供保険は、保険料が安い

子供保険

生協の子供保険は、保険料が安い

子供ができたら、何はともあれ子供保険について考えてみることが大切です。
子供が成長するにつれて、健康も願うことですし、学費についても気になるところが多いことでしょう。

それら気になるところを補ってくれるのが、子供保険なのです。
ただ、子供保険と一口に言ってもそのタイプはさまざまありますが、大きく分類してみますと3つのタイプがあります。

まず第一に、子供の高校や大学受験のための資金として貯蓄をするタイプの学資保険的な子供保険があります。

この学資的なタイプの子供保険は、子供が大きくなるごとに保険料も高くなりますので、なるべくなら0歳から積み立てていくことが大切です。
15歳や18歳の満期に受け取る額が大きいので、掛け金は月2万から3万という感じになるようです。

第二は、医療や事故などに対する保障タイプです。

これは、大人の生命保険と同様で、子供の疾病やけが、交通事故などに際して、給付金が支払われるタイプで、子供保険と言うとこのタイプをイメージされる方が多いかもしれません。
そして、第三は、バランスタイプと言いまして、第一と第二の両方をうまく組み合わせて、子供保険としているところです。

ところで、生協の子供保険のタイプは、どちらかというと、第二の保障タイプに入るようです。
生協の子供保険と言うのは、あまり聞いた事がないですが、COOPなどの生協スーパーや、宅配の生協を利用している人は、見聞きしたことがあるのではないでしょうか?

それで、生協の子供保険なのですが、もし、子供がけがや病院で入院した場合、日額6000円が給付される仕組みとなっていて、標準的な保障タイプの子供保険となっています。

そして、生協の子供保険の一番の大きな特徴なのですが、次月の掛け金が、1000円や2000円というように、大変に安いので加入がしやすいということです。

また、ほとんどの子供保険において、面倒な申請をしなくてはなりませんし、申請書類のほかの必要書類にも細かく記入して答えなければならないのが普通ですね。

しかしながら、生協の子供保険は、加入方法がとても簡単となっており、給付金をもし請求することになった時にも、手続きがとても簡単となっているのです。

書類に用件を書き込んで、領収書を貼り付ければ、申請手続きはOKとなるのです。

他の生命保険会社の学資保険的な子供保険に加入している人の中には、生協の子供保険に合わせて加入するという人は多いようなのです。

子供の小さい時は、養育費が結構必要なものです。
子供保険は、子供が小さい時から保険料を支払って行きますので、無理のない掛け金で契約したいものです。

将来の学資と病気などの医療を考慮しながら、子供保険に加入するようにしましょう。

<<子供保険、学資、医療の両面で三井住友海上がお勧めです | ガン保険の賢い選び方トップへ | 郵便局の子供保険は学資に重点を置いた保険>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。