ガン保険の賢い選び方 > 子供保険 > 郵便局の子供保険は学資に重点を置いた保険

子供保険

郵便局の子供保険は学資に重点を置いた保険

子供ができて、まず心配になるのが養育費のことですね。
養育費と一口に言っても幅が広いのですが、教育費と限定してみましても、その費用はかなり掛かるようです。

子供の幼稚園から大学までの学資をざっと合計してみますと、だいたい2000万円から3000万円は必要になると言う算出があります。

幼稚園、小学生、中学生の間は、私立の学校に行くのでなければそれ程でもないかもしれません。

学資が高額になるのは、特に高校受験や大学受験、大学の学資なんです。

それゆえに、子供が0歳のときから、将来どのくらいお金が必要かを計算して、計画的にお金を貯めて置くことが大切になります。

子供の学資を目的とした子供保険として、郵便局子供保険があります。

子供保険に入っていさえすれば、お祝い金や満期金ですべてが賄えると考えがちですが、、それはなかなか難しいものがあります。

とは言うものの、せめて将来の学資にかかる半分でも、子供保険で学資をまかなうことができるならば、とても楽に感じるはずですし、不安も少なくなると思います。

郵便局の子供保険を見ますと、50万円から700万円の間で満期金を決めることが出来るので、子供の学資としてはずいぶん助かるのではないでしょうか?

郵便局の子供保険は、学資の他に医療や疾病などの特約も付けることができますので、学資以外での不安にも対応しています。

いろいろなタイプがある子供保険には、毎年祝い金が給付されるものもあれば、15歳や18歳にだけ祝い金が給付されると言ったものもあり、養育費をどのように考えるかで、いろいろと選べます。

郵便局の子供保険はどうかと言いますと、貯蓄性を重視した子供保険の部類に入りますので、大学受験を考慮した18歳の時に一番多くのお金が出るように考えられています。

郵便局では学資保険の他に、最近、新育英学資と言う商品が出来ました。

この子供保険は、教育準備資金を重視した内容になっているようです。

もし、私立大学に入学しようとすれば、入学金を含めて合格するとすぐに100万円から150万円ほどの学費を納入しなければならないので、とても大変です。
文系の大学と理系の大学では、この入学金はかなり開きがあります。

大学や学部によってもかなり違いがありますが、4年間で、ざっと500万円ほどの学資が必要だと考えておいた方が良いでしょう。

郵便局の子供保険は、こうした大学に関わる資金のことをまず第一に考えた学資保険だと言えます。

子供に何としても大学まで行ってもらいたいと考えるのであれば、郵便局の子供保険への加入は、とても良い選択と言えます。
子供保険には様々な種類がありますので、子供の進学度合いまで考慮して、加入するようにすることも必要だと思います。

<<生協の子供保険は、保険料が安い | ガン保険の賢い選び方トップへ | 火災保険は、自動車保険同様に加入が必須な保険です>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。