ガン保険の賢い選び方 > 火災保険 > 火災保険は、自動車保険同様に加入が必須な保険です

火災保険

火災保険は、自動車保険同様に加入が必須な保険です

あなたが持ち家に住んでいるのでしたら、火災保険加入しておくことはとても大切なことです。

我が家で火事は絶対無いと言う人ほど、意外と火事にあって火災保険に入っておけば良かったという人がほとんどです。

火災保険について幾つか調べてみました。

火災保険とは、まず損害保険の一つだと言うことを理解しておきましょう。

自動車保険が自動車の事故に対しての保険であるように、火災保険は、名前のとおり、火災によって生じる損害について、補填をすると言う目的の保険だと言うことです。

火災保険を分かりやすく言えば、「火事になったときのための保険」であると言うことができす。

火災保険は自分が所有する「建物」と「家財」などに対する損害を補償する保険ですから、それらに発生した、直接的な損害に対して保障されるということを意味します。

また、損害が発生した際に付随してかかる費用に対しても火災保険金が支払われるので、もしもの時の為にも、火災保険には加入すべきでしょう。

私が火災保険に加入をオススメする理由は、以前、団地に住んでいた際に、上の階の人が大量に水をこぼしたおかげで家具が相当痛んでしまいました。

その時、上の住人は団地保険に入ってなく、我が家は団地保険に入っていましたので、相当額の保険料が入り、大変に助かりました。

火災保険も団地保険同様に、いざと言う時にはとても助かるものですから、加入をオススメするのです。

ただし、一口に火災保険と言いましても、火災保険の種類によって補償される範囲はまちまちですし、保険会社によっても、多様な火災保険があり、その補償内容は異なっていますので、その保険内容はしっかりと把握しておく必要はあります。

火災保険についての詳しい補償内容については、各保険会社に確認するとか、保険のセールスをしている人にしっかりと問い合わせることが必要といえるでしょう。

また、火災保険について注意しなくてはならないことは、「地震を原因とする火災による損害については、補償されない」ということです。

さらに、「地震により延焼・拡大した損害」についても補償されないので、地震被害による火災が起きた時のためには、火災保険だけでなく、地震保険を付帯させておく必要があることを、理解しておかなければなりません。

火災保険では、残念なことに地震や津波、噴火などによる大規模災害による火災は、カバーされないということです。

当然のことですが、火災や、大規模災害はいつ、どんな形で起こるのかは予想ができないことは確かです。
地震予知が発達したからと言って、地震を避けることはできません。

火に強い壁ができたとしても、実際に火災が起きてしまえば、どうしようもないことでしょう。

火災保険のお世話にならないで、暮らしていけることは幸いなことと言えます。

しかし、もしもの時の場合を考えても、火災保険も生命保険と同様に加入しておくべき保険といえますね。

火災保険を取り扱っている保険会社は、たくさんありますのでお近くの保険代理店や、自動車保険のセールスマンに問い合わせてみるのも良いかと思います。

<<郵便局の子供保険は学資に重点を置いた保険 | ガン保険の賢い選び方トップへ | 火災保険比較サイトでお得な火災保険を見つけましょう>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。