ガン保険の賢い選び方 > 健康保険(社会保険) > 健康保険の種類について

健康保険(社会保険)

健康保険の種類について

よく会社に就職しますと、健康保険に加入するようになっていると聞きますが、この健康保険について、いろいろと調べてみました。

昨今、派遣の仕事をしていた人が、不況で契約が打ち切られて路頭に迷う人が増えているとのニュースが多く流れますが、このような方々の保険がどうなのか気になるところでもあります。

ところで、「健康保険」とは、社会保障の社会保険に分類されているのだそうです。

健康保険というのは、健康保険に加入している被保険者が、病院などで医療を受けなければならない状態になった時、その医療費に対して保険者が一部負担する制度のことです。

日本においては、「国民皆保険」という方針の下に法律を制定し、日本国内に住所を有する全国民(日本に1年以上在留資格のある外国人も含む)が、何らかの形で健康保険に加入するようしているのです。

国民皆保険とはいうものの、家も無く公園等で寝泊りしているような人はどうなるのでしょうか?
いわゆる住所不定無職と言う方たちは、、、

基本的なことですが、日本においては、健康保険は強制保険となっているのだそうです。

まず、「被用者保険」は企業などに働く人たちが加入する健康保険をさします。

この被用者保険において、次の4つの健康保険の種類に分けることができます。

1.全国健康保険協会管掌健康保険
:健康保険組合を持たない企業の従業員が加入する健康保険。
2008年10月からは政府管掌健康保険として、全国健康保健協会が運営していいて、中小企業の従業員は、ここに加入することになります。

2.組合管掌健康保険
:企業や企業グループ(単一組合)、同種同業の企業(総合組合)、一部の途方自治体(都市健保)などの健康保険組合が運営している健康保険です。
2008年8月現在では、1,500の健康保険組合があり、5月1日のメーデーで声を張り上げる人たちはここに加入していることになります。

3.船員保険
:船舶の船員に対する保険です。
健康保険・雇用保険・労働者災害補償保険を総合保険として行っており、2010年1月からは全国健康保険協会が運営の予定なので、1と同様な感じになるでしょう。

4.共済組合
:国家・地方公務員、独立行政法人、日本郵政グループ職員、私立学校教職員が対象の保険です。
厚生年金も併せて運営しているので、上記の1.2.3.とは、性格が異なっていると言えます。

被用者保険以外では、「国民健康保険」があります。

これは地域保険として全ての個人事業主・政府管掌の適用事業所でない個人事業主の従業員無職者が加入するものです。

・国民健康保険
:国保と称されていて、市町村並びに東京都の23区の運営されているものと、国民健康保険組合が運営するものがあります。

大別すると、上記のように2種類に分けられると言うことです。

日本国内に住所を有する全国民(日本に1年以上在留資格のある外国人も含む)は、必ず上記のどれかに加入していることになるはずだと思います。

<<地震保険に加入したら、年末控除を利用しましょう | ガン保険の賢い選び方トップへ | 健康保険をうまく利用しましょう。>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。