ガン保険

アリコの医療保険はガン保険と遜色ない

ガン保険と言えば、アフラックとアリコはテレビのCMなどでもおなじみで、とても馴染みが深かい生命保険会社ですね。。
特にアフラックはアヒルでしたが、アリコはストレートにガン保険を宣伝していた感じで、特に年齢対象に制限を設けていない感じがとても好感が持てます。

アリコは、規制緩和以前はガン保険がとても有名な生命保険会社でしたが、現在では“ガン保険”とはっきり銘打っている商品は出してはいません。

その代わり、“癌を手厚く保障する保険”として、「元気によくばり保険」と「女性限定わたしの入院保険」があり、それぞれ高齢者までの幅広い年齢層をターゲットとした保険と女性をターゲットとした保険を出しています。

テレビCMでもおなじみの「元気によくばり保険」では、癌と診断された場合、300万円の一時金が支給されます。
ただし、上皮内新生物の場合は最大60万円が支給されます。

これは他社のガン保険と比べても遜色のないもの、場合によっては魅力溢れるものでもあります。

さらに病気やけがで入院した場合は1日1万円が支払われ、これも十分なものですね。

無事に退院したら5万円の支給があり、その後の通院は1日2,000円の保障があるなどの内容は、再発後の治療もしやすく安心感があります。

病気による死亡・高度障害には500万円の支給、不慮の事故等(災害)時には2,000万円の支給といった死亡保障も万全なのは、とてもよいポイントですね。

「女性限定わたしの入院保険」では、ほとんどの病気やけがに対応しています。
その他にも、もちろん乳癌や子宮癌など女性特有の癌と診断された場合の保障もあり、その辺の抜かりはないです。

時に女性特有の癌と診断された場合は100万円の一時金の支給(ただし、上皮内新生物を除く)、女性特有の癌で入院した場合は1日2万円(期間は60日目までで、それ以降は1日1万円)が支給されます。

女性特有の癌で入院後、無事に退院できれば5万円の支給。

女性特有の癌以外の病気やけがでも、手術にをした場合には10万〜40万円の保障が支払われるなど、癌に特定して内面においても十分保障しています。

普通の医療保険やガン保険とは違う点は、積み立てと無事故のWボーナスがあり、10年間で最大40万円が支払われるのも嬉しいポイントですね。

アリコは、ガン保険にこだわった保障ではなく、医療保険の中にガン保険を取り込んむことで、保険加入者の対象を広げていることが伺われますね。
アリコの医療保険はガン保険とそれほど遜色がないので、他の保険会社のガン保険と良く比較してみて、保険料などに差がほとんどなければ、とてもオススメな医療保険だとも言えますね。

見積依頼しても、営業電話は一切行いません。生命保険を自分でゆっくり選ぶなら、こちら



ガン保険

ガン保険、保証金額ならチューリッヒ

アフラックのガン保険はアヒルのCMでもおなじみですが、同じ外資系でもチューリッヒのガン保険はどうでしょうか?
チューリッヒはそれほどCM等でなじみはありませんが、保障内容が非常に手厚いことなどにより、急成長している保険会社でもあります。

チューリッヒのガン保険は、1996年のチューリッヒ生命設立以来、低価格の設定と保障内容を手厚くするなどの販売作戦により急激にシェアを伸ばしてきました。

チューリッヒのガン保険の内容で押さえるポイントは3つ。

1つ目は、癌と診断されたら100万円の給付金が支払われるという高保障であること。この100万円の給付金は、2年ごとの入院のたびに何度でも受け取れるという大変ありがたいものとなっています。

2つ目は、癌による入院で1日1万円が、何日でも無制限で支給されること。
もちろんのことですが、通院にも保障はありますし、無事に病院より退院した場合はお祝い金の支給もあり、これも大変助かりますね。
更に、癌摘出の手術した場合などの給付金は、最高100万円と高額なのも大変魅力的です。

これらの給付金の金額はすべて「1口プラン」の場合の時の金額で、「2口プラン」ならその倍、「3口プラン」ならその3倍の保障が受けられるといったように、その保障内容の手厚さは他社のガン保険には無い物とも言えます。

3つ目のポイントは、チューリッヒのガン保険最大の特徴とでも言える「0トクプラン」です。
「0トクプラン」を特約として付けることで、主契約部分の保険料10年分がキャッシュバックされ、貯蓄型に近い内容もありこれまた魅力的なものです。

これは、仮に保険加入10年で癌と診断された場合、10年間払い込んだ保険料が戻って来るというものなので、実質の保険料負担はゼロになるということです。
この「0トクプラン」の特約は、チューリッヒのガン保険に加入するならぜひ付けておきたい特約と言えますね。

基本のガン保険は10年の定期タイプ(更新可)です。
定期タイプの他にも終身タイプのガン保険もあります。

また、ガン保険をより専門的にしたタイプの癌と診断された場合のみ保障が受けられるという「ガン診断保険」というのもあります。

種類が豊富なチューリッヒのガン保険は、ご自分のライフスタイルに合ったものが選べるところも良いところでしょう。

チューリッヒのガン保険について、いろいろとポイントを押さえて簡単に説明してみましたが、非常に保障内容が手厚く、被保険者サイドに立って商品を構成していると思います。
他社のガン保険と比べてみても、価格や保障内容など見劣りする感じはしないかと思います。

保証金額を重視するなら、チューリッヒのガン保険はお薦めでしょう。

見積依頼しても、営業電話は一切行いません。生命保険を自分でゆっくり選ぶなら、こちら



ガン保険

ガン保険ならアフラックが一番?

ガン保険と聞いて、まず最初に思い浮かべるのは、ガチョウのCMでもおなじみのアフラックではないでしょうか?
ガン保険といったらアフラックと言っても過言ではなく、それほど馴染みが深くなったと言うことでしょう。

ガン保険の雄と言えば、アフラックですが、内容のチェックは必要ですね。。

日本にガン保険が始めて紹介されたのは1974年のことで、アフラックによってその名が広まったといわれています。

その後、アフラックはガン保険市場を席巻しまくりました。
法的な規制の助けを借りてではありますが、85パーセントものシェアを誇っていた時代もあったとようです。

今でもその名残はあり、ガン保険といえばアフラックというイメージが強く根付いているのは、確かなことです。

アフラックのガン保険の特長は、何と言っても手厚い保障。
ガン保険を知り尽くしたアフラックならではということでしょう。

手厚い保障の一つとして、初めて癌と診断された場合には100万円の一時金。
癌治療のための入院・通院は1日目から1万円が支払われるなど、必要だと思うところには、きちんと保障がされます。

さらに、特約をつけることで癌以外の病気やけがにも対応してます。

また、癌と診断された後、1年目から5年目まで「ライフサポート年金」が支払われるため、再発への備えも万全なのもうれしいです。
癌はやはり再発が怖いですものね。

言うまでもないことですが、これらの保障は被保険者が生きていることが条件となっています。

アフラックのガン保険では金銭面以外のサポートも充実しているんです。

癌と診断された場合、看護師経験のある専門のカウンセラーによる面談サポートを受けられ、精神的な不安に対応しているのです。

自分や、家族が癌だと知った精神的な衝撃は、本人はもちろん家族においても決して小さくはありません。
カウンセラーはそんな悩みや不安を、直接顔を合わせて聞いてくれるので、心強いですね。

また、看護師としての経験から、医師との接し方、医師に確認しておくべきことなどをレクチャーしてくれるので、快い医療を受けやすくなります。

更に面白い点では、病院探しのお手伝いまでフォローしてくれるところです。
病状に合わせて医師を紹介してくれる「ベストドクターズサービス」は、セカンドオピニオンとしても利用でき、癌による闘病のポイントをしっかりとフォローしてくれているところがとてもよいところです。

ガン保険の雄であるアフラックのガン保険について、少しまとめてみましたが、さすがにアフラックは、老舗のガン保険会社です。
保障内容はきめ細かいものがあり、初めての方も安心して加入できる内容になっていると思います。
これから、ますます癌に対する医療費は掛かると思いますので、物心両面での保障の厚いアフラックのガン保険は一見の価値は十分あります。

見積依頼しても、営業電話は一切行いません。医療・がん保険を自分でゆっくり選ぶなら、こちら



ガン保険

女性の社会進出とガン保険加入

女性の方がなる癌として代表的なものが、何といっても乳癌ですね。
女性にとってとても大切な乳房の癌で、癌検診で早期発見が一番の予防だと言われておりますが、やはり備えあれば憂いなしのことわざのように、女性の方の乳癌に対してのガン保険加入は大切なことですね。

ところで、女性の社会進出が盛んになるのと平行するように、女性向けのガン保険に加入する女性が増えていているのをご存知でしょうか?

働く女性の増加は、女性の家庭における経済的役割が増えていることを意味してます。
それにつれてと言いましょうか、女性のガン保険加入者が増えています。

専業主婦が多かった時代は、女性向けの保険はあまり必要とされなかったようですが、ところが今は、女性の収入も家計のために欠かせないものとなっている家庭が増えています。
このことが、女性が働けなくなった場合の保障の需要が高まっている原因と言えるわけです。

あたりまえのことですが、女性のガン保険は専業主婦でも加入できますね。

女性のガン保険加入の増加は金銭面だけでなく、裏を返して言えば、女性の地位向上を表しているといえると思います。

女性のガン保険とは、乳癌や子宮癌など、女性特有の癌になった場合に保障が受けられるものがほとんどです。

一般のガン保険よりも対象が狭いため、より厚い保障が受けられるようになっているので、加入はしやすいと思います。

反面、胃癌や食道癌など、男女ともになる可能性のある癌には基本的に対応していませんが、死亡保障だけ支払われることもあるようなので、要チェックが必要です。

一般のガン保険では保障金を入院費や治療費に充てるのが普通なのですが、女性のガン保険にはそれに加えて特有の保障があるのです。

とても重要なことですが、代表的なものとして、乳癌の手術で失ってしまった乳房の再建費用です。

女性は乳癌で乳房を切除することに対して、たとえ癌は治っても精神的に大きなショックを受ける方がほとんどです。

手術で乳房を再建することは可能とは言うものの、再建にはもちろん多額の費用がかかるのです。

この再建費用を女性のガン保険は保障してくれるのですから、加入したくなる方が多いのもうなづけます。

髪は女性の命と言われる言葉に対しても、抗癌剤治療で毛髪が抜け落ちてしまった場合のウィッグ作成費用を保障内としているガン保険もありますから、内容の詳しいチェックは大切です。

女性のガン保険はまさに、女性の気持ちを汲んだ女性の為のものと言えますね。

ガン保険の中でも女性向けのガン保険に関して簡単にまとめてみましたが、加入に関しては、各保険会社が商品としているガン保険を詳しくチェックして欲しいです。
上記で記した他にも女性の為の配慮が十分なされているものが多いです。
保障が厚くなれば、当然ながら保険料額も上がりますので、その辺は良く考慮してガン保険に加入することをお薦めいたします。

見積依頼しても、営業電話は一切行いません。医療・ガン保険を自分でゆっくり選ぶなら、こちら

ガン保険

ガン保険を選ぶ際の基準は何?

長期にわたってのCMや、日本の保険会社が厚遇なガン保険を発売することにより、ガン保険に対する関心も高くなっています。
加入率も高まるなかで、保険会社各社から出されているガン保険を良く比較検討し、自身にあったガン保険を選ぶことが、いざと言う時に保険に入っていて良かったと実感することもあることでしょう。

ガン保険の選び方、選ぶ際に重要視するポイントは人によってそれぞれ違うかと思いますが、ここでは選び方の一例を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ガン保険の選び方で多くの人がポイントにすると思われるのが保険料だと思います。

一体いくらくらいの保険料のガン保険がいいのか?

安すぎる保険料のものは保障も薄いのだろうか?

考え出すときりがないくらい悩みが出て来るかと思います。

保険料の目安はざっくりと言えば、月額5,000円〜1万円。
独身や子供がいない夫婦なら、月額5,000円程度の保険料のガン保険で十分です。

万が一、癌になっても、保険料でまかなわなければならない費用がほぼ治療費のみで、他の生活保障などはないタイプです。

逆に、子供がいたり、親の面倒を見ている人は、治療費以外の面での普段貴方が稼いでいる生活費を捻出を考慮しなければならないので、それなりの保障が必要になってきますね。

特に自身の健康が収入にダイレクトに影響する自営業は、出し惜しみせずに保険料を奮発するガン保険を選ぶようにしたほうが良いでしょう。

その場合の目安は1万円程度になるかと思います。

保険料の次にガン保険の選び方で重要になってくるのが、保障の内容。

当座をしのぐための一時金が出るのか、何度入退院をくり返してもそのつど保障してもらえるのか、その保障額はいくらなのか、など、さまざまな条件を照らし合わせてガン保険を選びましょう。

最近では、実際に癌治療にかかった費用をすべて保障してくれる“実損てん補”タイプのガン保険も増えてきているようですね。

“実損てん補”タイプは、使い道次第では保障が定額で支払われる定額タイプよりもかなり使えるガン保険となるとも言えます。

詳しくは各保険会社に問い合わせてみてくださいね。

ざっとガン保険を選ぶ際の基準を考慮して見ましたが、最終的には自身の生活環境と生活費などが決め手になるのではないでしょうか?
必要以上に癌に対して心配になることは良いこととは言えませんが、それでも転ばぬ先の杖であることを考えると、無理のない保険料のガン保険に加入することは大切だと思います。

医療・ガン保険を自分でじっくり選ぶなら、保険モールへ



ガン保険

ガン保険は終身保険がよい?それとも定期保険?

ガン保険と一口に言ってもいろいろな種類がありますので、本当に迷ってしまうことでしょう。
テレビでコマーシャルしているものがその代表的なものですが、それでも何がどうなのかはコマーシャルだけでは分かりにくいですね。

その中でも、ガン保険のテレビコマーシャルでよく聞く『生涯保障します』『一生涯保障が続きます』などの言葉、どういう意味が含まれているのでしょうか?

これは被保険者が死ぬまで保障を受けられるという意味で、こういったタイプの保険を終身保険と呼んでいます。

終身保険は、その単語の意味通り終身、即ち加入してから死ぬまで、そして死んだ後に遺族に支払われる最後の死亡保障までが、その保障期間となります。

以前は終身保険というと、死ぬまで保障を受けられる代わりに、死ぬまで保険料を支払うという、保証と支払いの面でもその名の通り終身でしたから、保険料を払いながら保障を受けると言う健康保険と変わらない面がありました。

ところが最近は、支払いは一定の年齢までで、支払いが終わってからも保障を受けられるタイプの保険が流行していて、人気があります。

高齢化社会かつ年金不安のある今、このようなタイプの保険が現れてとても嬉しい限りですね。

一方、保障が生涯続く終身保険に対し、決められた期間だけ保障のあるタイプを定期保険と呼びます。

終身保険と定期保険はそれぞれにメリット、デメリットがあり、どちらが良いということは言えないので、自分の生活環境と照らし合わせてどちらが合っているかを考える必要があります。

残された家族のことを考えたときは、死亡時の保障が充実している定期保険の方が良いようです。

癌は日本人の死因ナンバーワンなのは周知のことなので、ガン保険なら定期保険の方がお得かもしれませんね。

しかし、最近の医療の発達で、癌=死ではなくなってきているので、定期保険タイプばかりが良いとも言えない面もあります。

ガン保険の保障の考え方の中には、遺族の生活を保護するためではなく、がんを治療するためのものと考える風潮があるのを考慮に入れなくてはならないです。

もしかして癌が再発することも考えて、何度でも保障が受けられる終身保険を選ぶというのも安心感が高くて、良い考え方でもあります。

その場合は、癌が再発した時にもしっかりとした保障が受けられるかどうかを、事前に保険会社に確認しておくことが大切です。

癌による死亡率は相変わらず高いのですが、昨今の医療技術の発達で、必ずしも癌=死の病と言う感じではなくなってきました。
これはこれで良いことですが、芸能ニュースでもしばしば耳しますように、癌が再発して再入院などと言うことがあります。
これらを鑑みると、ガン保険の定期保険よりは、終身保険の方が無難な面もあります。
癌の治療に関わる保険が、ガン保険であると言う風潮がありますので、その辺も考慮に入れておかなくてはならないでしょう。
安心第一で行くなら、ガン保険は終身保険に落着くでしょうか。

医療・ガン保険を自分でゆっくり選ぶなら、保険モールへ



ガン保険

ガン保険は比較してから選ぶ時代です。

日本三大疾病の癌ですが、に関する保険と言うものは、現在のように多種多様な保険ではありませんでした。
外資系の保険会社の独占状態だった期間が長くありましたが、2000年の規制緩和以来、外資系のみならず日本の保険会社もガン保険の取り扱いを始め、より一層、ガン保険への加入が浸透してきたと言えるでしょう。

現在、保険業界はガン保険が花ざかりになっていて、各社1つはガン保険を用意していますから、あせらずにじっくりと比較・検討して選ぶのが賢明でしょう。

各社のガン保険を比較せずに決めてしまうと、間違いなく後悔することでしょう。

ガン保険の比較をするのでしたら、専用のポータルサイトがとても役に立ちますね。

「がん 保険 比較」と言った単語を並べて検索すれば、たくさんのガン保険に関するサイトが発見できるでしょう。

ガン保険の比較サイトでは、アフラック、チューリッヒ、三井住友海上など、主な保険会社のガン保険の要点が比較しやすいようにまとめられていますので、安くて安心感のあるものを選びましょう。

ガン保険の比較で頭を悩ませている人にとっては、サイト独自の人気ランキングは大いに参考になることでしょう。

ガン保険の比較サイトで便利なのは、気になるガン保険の資料を一括で請求することができる点だともいえます。

資料の一括請求は思っているより便利なものです。
それぞれガン保険を商品として出している保険会社に、電話やインターネットで手軽に資料請求できはしますが、個別に資料請求するのも面倒に感じるものです。

ガン保険比較サイトなら、複数社のガン保険の資料を一度に簡単に取り寄せることができるのですから、便利ですよね。
複数のガン保険の資料を取り寄せられるサービスは、比較サイトにとって欠かせないサービスです。

たくさん資料を取り寄せて、じっくりとガン保険を比較してみしましょう。

ガン保険の比較で分かりやすいのは保険料ですし、保険料が安いに越し事はないですが、保障内容についてもしっかりとチェックすることは大切です。。

コストパフォーマンスをよく考えて比較すれば、きっとあなたにあったガン保険が見つかるはずです。

ガンにかかる人がやがて2人に1人と言う時代が到来するにあたって、ガン保険への加入は大切ですが、様々なガン保険がありますので内容をチェックすることは大切です。
そして、複数のガン保険の資料を比較してみないことには、始まらないことですね。
すぐにでも、資料を取り寄せてみることをお薦めします。

保険モールは、見積依頼しても営業電話などは一切行いませんので、お気軽に資料請求できます。
医療・ガン保険を自分でゆっくり選ぶなら、保険モールへ



ガン保険

ガン保険は誰でも加入すべし

日本人の三大疾病の一つに癌があげあられますが、癌ほどあらゆる細胞が癌に侵されるという珍しい病ですよね。
その癌という病気に絞ったのがガン保険であり、ガン保険に加入する人が急増しているようなのです。

ところで、癌と一口に言ってもその箇所は、頭の先から足の先まで、様々な細胞を侵すのが癌です。

癌が日本人の死因トップを走り続けるようになったのは、1980年以来になりますが、2015年には日本人の2人のうち1人は、癌で死ぬであろうと言われています。

すなわち、いつ、誰が癌になってもおかしくない状態にまで、癌になる人は増え続けて行くであろうと言うわけです。
ですから、万が一癌になってしまった時の備えとして、ガン保険加入はいまや常識になったといっても過言ではありません。

ところで、1974年にガン保険が初めて日本に登場したのですが、アヒルのCMでも知られている外資系の保険会社「アフラック」が、将来の癌社会を見通し癌保険の発売を始めたのがこの年なのです。

この癌社会への見通しはものの見事に当たり、アフラックが販売シェア85パーセントを占めていた時期もあり、また、ガン保険の販売は規制により長らく外資系保険会社が独占していました。
2000年の規制緩和とともに、ようやく日本の保険会社もこぞってガン保険市場に乗り出す事ができたわけです。

癌になられる方が多い現代社会において、ガン保険は保険業界のキー商品となっています。
さらに、取り扱う保険会社が増えて競争激化となり、ガン保険の内容は厚遇化が進みました。

そして、各社が個性を打ち出し、消費者にとってよりうまみのある商品となって、販売されるようになり加入者もかなり増えております。

癌は身体の様々な箇所に癌細胞として障害となりますが、ガン保険そのものとしては、癌という病に絞り込んでいるため、医療保険よりも保険料の負担がずっと少なくて済みます。

そのうえ、ひとたび癌と診断された時には、加入者は大きな保障を享受できるようになっているので、非常に助かります。

今やガン保険は入らないと損!といったところにまできているといっても過言ではないです。
若い方や働き盛りの方にとって、ガン保険の必要性を感じ取れないのは無理からぬことですが、そういった人にこそ入ってほしいのがガン保険だと思います。

気が付いたら、癌にかかっていたという方は大変多く、癌はなんの前触れもなくやって来るのです。

ガン保険の必要性については、まだまだ不十分であり、ガン保険と一口に言ってもその内容は各社様々な形で保証をしています。
ガン保険についてもっと詳しく内容を知ってから、加入しましょう。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。