個人年金

個人年金はどの保険料控除の対象になるのか

個人年金保険料控除に対して、いろいろと調べてみるとだいぶ面白いことが分かってきました。
それは、個人年金が生命保険の控除対象なのか、個人年金保険料の控除の対象になるのかは、各保険会社が出している個人年金の商品によって、だいぶ違うということなのです。

できれば、生命保険等の控除とは別枠の個人年金保険料の控除対象等になる商品を選びたいものです。

それで、個人年金の控除についてなのですが、<アフラック>の個人年金の場合は、「個人年金保険料控除」の対象商品となっているようです。

年末控除時あるいは確定申告時において、<アフラック>の個人年金は、生命保険料控除と別枠で控除を受けることができる商品なので、とても助かります。

<日本生命>の個人年金の商品『年金名人』はどうかと言いますと、個人年金の契約の際に、「個人年金保険料税制適格特約」を付加した場合は、払込んだ保険料は、一般の生命保険料控除とは別枠で、所得税法・地方税法に定める「個人年金保険料控除」の対象となるようなのです。

個人年金によっては、毎年の所得税や住民税の負担が軽くなる商品があることなども知っておくと、個人年金に加入する際の検討には、役立つことでしょう。

ただし注意しておきたいのが、税務の取扱等については、毎年のように改変されておりますので、個人年金の加入に際しての実際の契約時には、国税局・税務署等にしっかりとした確認は必要かと思います。

<かんぽ生命>の個人年金はどうでしょうか。
<かんぽ生命の>の個人年金は、個人年金保険料控除が受けられるというのは、
・本人又は配偶者が年金受取人であること。
・保険料が10年以上の期間、定期的に払い込まれるものであること。
・年金が満60歳になってから10年以上の期間について定期的に支払われるもの、又は年金受取人の生存中において定期的に支払われるものであること。
上記のすべての要件を満たすものであること、となっています。

郵便局で扱う個人年金は、条件がいろいろとあるので少し面倒かと思います。

これらの会社のほかにも、個人年金を取り扱っている会社はあります。
しかしいずれも、保険料控除については、発行されているパンフレットでの確認や、契約前に「契約締結前交付書面(契約概要・注意喚起情報)」を十分に読み確認が必要です。この契約内容の要確認は、顧客としては大切なことなので、出来る限りしっかりやりましょう。

個人年金についていろいろ調べてみると、保険料の控除が生命保険などとは別枠で、控除があると言うことが分かりました。
個人年金に加入する、できるかぎり生命保険とは別枠で、控除が受けられる商品を選びたいものです。

個人年金

変額個人年金というのを知っていますか

変額個人年金と言う保険は、あまり聞いたことがないですが、いわゆる個人年金とはどこが違うのでしょうか?
個人年金と言っても保険であることには違いはないので、それほど差異はないと思うのですが、少し気になりますね。

変額個人年金というこの年金なのですが、支払う保険料は基本的に変わりません。
ただ、将来の年金額は運用実績次第で変動する仕組みになっているという点で、いわゆる個人年金保険の中でも別類に分けられます。

この個人年金の支払った保険料は、一般の保険料の運用とは区別されている特別勘定というもので運用されるのだそうで、特別扱いとなるわけです。

特別勘定には、安定運用を目指した債券中心の運用方法を取るものから、積極運用を目指した株式中心のものなどがあり、別枠となっています。
その関係もあり、変額個人年金の一番のメリットは、特別勘定の運用成績がよかった場合には、当然のことながら、受取る年金額が増えるということです。

また定額の年金に比べた時、インフレに対して安心感があると言えます。

更に利点としては、固定の予定利率ではないため、金利上昇局面においては、定額年金より有利になる可能性が高いということです。

しかし、必ずしもメリットばかりがあると言うわけではなく、変額個人年金にもデメリットはあります。

変額個人年金の場合、特別勘定の運用成績が悪かった時などは、受取る年金額が支払った保険料を下回ることもありえて、元本割れを起こす可能性があるということです。

商品にもよるのですが、最低保証のある変額個人年金商品の場合には、運用成績が悪かった場合でも、元本は保証されるようになっているものもあるので、その辺は要チェックすべきでしょう。

また、変額個人年金の場合には、保険料控除が個人年金保険料控除の対象にならず、生命保険料控除の対象にしかならないことは注意しておきましょう。
すなわち、他の生命保険で控除枠を使っていれば、控除の恩恵を受けられないことになります。

以上の内容について、変額個人年金を選ぶ場合には、よく検討する事が大切だと思います。
個人年金に加入する際には、いくつか保険会社から資料の取り寄せるをすることからはじめると良いでしょう。

変額個人年金のメリット、デメリットをよく理解して、選ぶようにした方が良いでしょう。
もちろん、個人年金の保険自体、種類がそれほどあるわけではないので、資料を取り寄せても、比較したりするのにそれほど大変ではないでしょう。

変額であれ固定であれ、より自分にあった個人年金に加入するようにしましょう。


個人年金

アフラックの個人年金に注目してください

ガン保険といったらアフラック、アフラックといったらガン保険ですが、個人年金についてはどういった商品があるのでしょうか?
アフラックの個人年金を調べてみました。

アフラックの個人年金なんですが、『無理なくはじめましょう!ゆとりある老後のために。今から少しずつ準備ができる年金です』というキャッチコピーで、売り出されています。
個人年金は地味な保険なので、キャッチコピーも少し地味な感じがします。

アフラックの個人年金の月払保険料は、1,000円単位で、5,000円から1,000円単位で設定できますが、ただし、基本年金年額が30万円以上990万円以内に限るので、いくらでも掛けれるというわけではないです。

また、注意していただきたいのが、契約時の年齢によっては申込みが出来ないこともあるようなので、おさえておくべきでしょう。
アフラックの個人年金は、確定年金なので、確実に受け取れます。

選択した商品にもよりますが、一定期間(5年間または10年間)は、一定額の年金を確実に受け取ることができ、安心です。

アフラックの個人年金は、ライフプランに合わせて、年金の受け取り方が選べるのも良い点です。

たとえば、60歳で年金を受け取ることができるプランもあります。
その他にもアフラックの個人年金では、年金支払開始日を65歳や70歳と繰り下げることで、少しでも多くの年金を受け取るプランにすることもできます。

また、アフラックの個人年金は、60歳に達した時に一時金として受け取るプランなども選ぶことができます。
そして、アフラックの個人年金の面白いところは、契約後5年ごとに契約者配当金の支払いがあるという点です。
他社には無い契約内容ですね。

さらには、年金支払い開始日までに積立てられた配当金を増額年金として、受け取ることもできるので、支払い開始日前に配当があるのは良いです。
ただし、5年ごとの契約者配当金は、運用実績・経済情勢などによっては支払いがないこともあることに、注意しておかないといけないですね。

アフラックの個人年金については、インターネットのホームページで、詳しく知ることができますので、チェックしてみてください。
アフラックの個人年金のアドレス↓
http://www.aflac.co.jp/rougo/nenkin/index.html

個人年金として商品を出している保険会社は少なく、特色として大きな差異は無いのですが、アフラックは、年金支払い開始日前に、配当金があるというのが、大きな特色といえるでしょう。
あと、年齢制限があることに注意が必要です。

個人年金

日本生命の個人年金には、どんなものがある

個人年金で有名なのは郵便局で出している個人年金保険ですが、日本を代表する保険会社である日本生命で出している個人年金保険には、どのようなものがあるのでしょうか?

日本生命の個人年金には、保障性と資産形成を組み合わせた保険としての<年金名人>という商品があります。
この年金名人と言う商品は、老後の資金として年金を受取ることができるということが、特徴の商品でもあります。

ニッセイのホームページをみると、さまざまな保険の商品の一覧があり、個人年金保険である年金名人については、その中の一つとして、詳しく紹介されています。
年金名人は、加入時において、年金の種類が、5年・10年・15年確定年金という形で選べるようになっています。

年金種類変更プランでは、10年保証期間付夫婦連生終身年金(定額型)と介護保障付10年保証期間付終身年金(定額型)とがあります。

年金支払開始日繰延べプランでは、第1回年金支払日を最長5年間繰延べることができると言うものです。

その他、年金名人の特徴としては、年齢範囲や同時に付加できる特約種類等に所定の制限がありますが、<生前給付型特約>や、<災害・医療関係特約>を契約時に上乗せもできたりして豊富な特約の種類があります。
ただし、既に加入している特約の状況や特約が付加される主契約の保険料払込方法等によっては、付加することができない特約もあるので、注意が必要でしょう。

契約時の年齢、払い込み保険料、期間受け取り年金の設定額などの条件で、個人年金の形態がさまざまに変わってくるわけです。

年金名人もそうですが個人年金において、「個人年金保険料税制適格特約」を付加した場合は、払込みした保険料は、一般の生命保険料控除とは別枠で、所得税法・地方税法に定める「個人年金保険料控除」の対象となる利点があります。

個人年金保険料控除により、毎年の所得税や住民税の負担が軽くなるというメリットは、大いに利用したいものです。

個人年金保険もそうですが、保険の内容と言うのは、分かりにくいと感じる人が多いのではないでしょうか。
特約を付けると良いとの勧誘においても、その特約自体の内容がよく分からないと言う方は多いと思います。

それゆえ、特約に関しての保険料の支払いが的確でないと言うことが起こりやすいのだと思います。


個人年金

郵便局の個人年金は一味違う

郵便局が民営化したからといって、そのサービスが大きく変化したことはなく、むしろ注目したいサービスも増えているのではないでしょうか。
その一つが、郵便局の個人年金だと思います。

郵便局個人年金というのは、他社と一味違うのが、一人ひとりのニーズに合わせて、老後の豊かな暮らしづくりを応援、というコンセプトで提供されていて、個人年金販売への力の入れ具合も違います。

日本郵政公社の民営・分社化により誕生した、日本郵政グループ。
その生命保険会社、[かんぽ生命保険]という会社が、年金保険ということで、個人年金を扱っていて、公社時代から売れ筋の商品でもあるようです。

インターネットで調べてみますと、わかりやすい内容で、個人年金の商品が紹介されています。
老後の安定した生活資金の準備に役立てる個人年金保険として、人気の商品でもあるようです。

他社の個人年金と比べても、一生涯を通じての保障や公的年金支給までのつなぎ、要介護への備えなどといった、一人ひとりのニーズに合わせた個人年金の商品ということで、公的年金を十分補う内容になっています。

郵便局の個人年金の商品の中身を簡単にご紹介します。

<新逓増型終身年金保険>は、長生きのパートナーにということで、生涯にわたって基本年金額が年3%複利で増加というもので、老後のゆとりある生活でもって、長生きを応援するというものです。

<新定額型終身年金保険>は、生涯のゆとりある老後を考えた場合、生涯にわたって毎年一定額の受け取り、老後の安定した生活資金の準備にという内容のものです。

<新シルバー年金あんしん>という商品は、要介護の状態をサポートしていて、要介護状態になった場合の負担増に対して割増年金で支援すると言うもので、いまから備える老後の安心、というコピーでもって紹介されています。

<新定期年金保険>では、ゆとりある老後を考えた場合に、最長10年にわたって年金の支払いがあるというものです。

郵便局の個人年金の商品種類は、公的年金のお受け取りまでの生活資金の準備用に、さまざま出されています。

個人年金への加入をお考えなら、郵便局の個人年金保険は種類が豊富なので、十分に候補として上がるかと思います。
他社のもの比べても遜色ない内容になっているので、一度、資料等を取り寄せてしっかりとチェックしてみることをお薦めいたします。


個人年金

個人年金ランキングを調べてみよう

公的年金が不安視される中、個人年金が注目を浴びていますが、個人年金のランキングがあるのをご存知でしょうか?
もちろん、個人年金は政府が扱うのではなく、民間が扱っているものなので多少不安がないわけではないですが、例えば、民間は倒産と言うこともありえるように、それでも公的年金に対する信用度が下がっているので、個人年金に人気が集まっています。

ところで、個人年金のランキングについては、インターネットのWEBサイトで、[ベストヒットチェッカー]というサイトの積立保険と言うところをクリックしますと、各社の個人年金の商品がランキングされて、何種類かあります。

ここでは、人気のある保険会社の資料請求ランキングを併せて紹介しているのですが、個人年金にかかわるものも多数あり、個人年金は積立保険として位置づけしてあります。
ベストヒットチェッカーのアドレス→http://total-navigator.com/besthit/

また、他に個人年金ランキングとしては、[ニフティ保険アドバイザー]のサイト内の個人年金のページです。
人気ランキングとして紹介しているのは、
<東京海上日動あんしん生命 の個人年金保険 >、
<アフラックの個人年金>
の2種類があります。
ニフティ保険アドバイザーのアドレス→http://hoken.nifty.com/

個人年金は、貯蓄性が高い保険なので、積立保険の一つとして紹介されていますね。

そういう意味では、毎月少しづつお金を無理なく積立して行き、将来のゆとりに備えて行こうと言うものです。

しかし、個人年金は、どこの保険会社でも扱われているものではないので、ランキングをつけるほどではないのが現状です。
また、ホームページによる個人年金についてのランキングでの情報は、保険について、一定の項目のみを示したものなの、保険商品間の優劣について、決定付けているものではないようです。

実際のところ、保険会社にしてみると、個人年金は積立預金に近いものがあり、公的年金との併用と言うことを考えると、うまみが少ないと言う点もあるかと思います。

とわ言うものの、民間で出している個人年金には、どんな商品があるのか、まず知ることができるので、こう言ったランキングサイトを活かすのは良いことだと思います。
もちろん、パンフレットなど、資料となるものの請求が、ホームページ上から簡単にできるので、利用してみると良いと思います。

いくつかの個人年金の資料を実際に目にすることにより、自分なりの個人年金ランキングがつけられるようになるので、十分に参考にしていただきたいです。
顧客が確かな目でもって、確認することがより良い年金商品を生み出すことにもなるわけです。

公的年金は当てにならない、かといって自分で老後のことを管理するのは面倒だと言う人には、民間で出している個人年金に加入してみると言うのも良い手段ではないでしょうか。
個人年金は民間なので、多少の不安はあるかもしれませんが、内容をよく吟味してみると、下手な貯蓄よりもずっと良い利回りのものもあります。

個人年金、十分に吟味してみる価値があります。


個人年金

各社が出している個人年金を比較してみよう

公的年金は、政府の機関である社会保険庁が受け持って維持しておりますが、個人年金になりますと、民間の会社などが商品として扱っていますので、個人年金の中にも種類があります。
公的年金に不安がある中、個人年金に興味がある方は多いのではないでしょうか?

民間が扱う個人年金の比較に関しては、インターネットの中で、[保険市場]という、ホームページで、調べることができます。

[保険市場]と言うサイトでは、個人年金について扱っている会社を紹介しているので、関心のある人は見てみるといいですね。
いろいろと種類のある個人年金を、比較したり、選んだりするときに参考にすることができ、とても役に立つと思います。

気になる年金保険については、年齢と、性別を入力すれば、いくつかの会社の個人年金のプラン等を検出することができ、検出された年金保険の詳細を比べながら、WEB上で見ることができるので分かりやすいですね。

例としてあげると、[東京海上日動あんしん生命]の個人年金保険という商品なのですが、10年間決まった額の年金と、5年ごとに契約者配当金を受け取ることができるプランであることが分かりますし、詳細な部分としては個人年金保険料控除が受けられるといったような情報まで、知ることができるんですよね。

また、このほかのホームページとしては、個人年金を選ぶための、個人年金一覧・比較サイトとして、[@nifty保険アドバイザー]というサイトがあります。

こちらのサイトも、簡単な入力により、保険料の試算ができるようになっていて、役に立ちますね。
いずれも、各社で出している個人年金を比較するには役立つものなので、利用するとよいと思います。

ただし注意していただきたい点は、ホームページ上では、各社の個人年金商品の概要を説明しているだけという点であります。

保障内容・保険料等の商品の詳細については、各社から資料を取り寄せなくては、ホームページ上だけでは詳しく分かりません。

個人年金に加入しようとしたら、各社の「パンフレット」や「契約に際しての重要事項」を、よく確認しなくては更なる詳細は分からないのです。

個人年金の資料の請求をしようと思えば、WEB上からできるようになっていますので、ご利用になってはいかがでしょうか?

個人年金に関心のある方、これらの情報で少しは役に立てたでしょうか?
公的年金と個人年金の両方にしっかりと加入することで、老後の生活に関しての心配が減るかと思います。
個人年金も、ある面では保険と同じ意味合いもあり、貯蓄であると思って加入することをお勧め致します。


個人年金

個人年金に加入する人が増えています

昨今の年金問題が、一向に解消されないことから、公的年金から個人年金に関心が高まっているようです。
今まで、年金に関心を持っていない人も多かったかと思いますが、公的年金が大変不安視される中、自分自身でそれに変わる何かしらの貯金なり投資などによって、解消するより他ないのでしょう。

個人年金といえば、公的年金が不安になってきた昨今、真剣に考えておかなくてはならないものです。
定年退職後の生活資金はもちろんのことですが、定年後に続く老後へ向けての生活資金はどうしても必要になります。

残念なことですが、若い頃から個人年金を考えておかなくては、不安な時代になってしまったと言うことです。

若い今からコツコツと積み立てて、老後は働かないでも一定のお金を受取れるようなものが、個人年金なのです。
個人年金の積み立て方法としては、毎月、定額を払い込むと言うのが一般的なものです。ます。

そして、契約通りに、決めた年齢まで払い込み続けることで、その後、あらかじめ契約で定められた年齢から、年金というかたちで支払いが開始されるというわけです。

個人年金といえば、民間の生命保険会社が販売しているものが、大概、思い浮かぶところでしょうか。
民間の生命保険会社以外では、郵便局も個人年金を扱っていますね。

しかし、急用でまとまった現金が必要となった場合、気軽に個人年金の積み立てから、お金を引き出すことができないところは、一般的な貯蓄とは違います。

一方、貯金というのは、個人の経済状況により、定額で預けたり、また、余裕のあるときなどは、多く貯金というかたちで、金融機関へ貯蓄していくもので、預けたり引き出したりすることに自由度があります。

個人年金の場合ですと、普通はあらかじめ契約にて決めた金額を期日までに、必ず払い込みしなくてはならなく、貯金のような自由度はありません。

その点、貯金している場合なら、財布の中身と相談して、貯金へまわすことができ、必要となった時、自由に引き出せるわけです。

ただ、老後の生活資金準備のために貯金を始めたとしても、自由に引き出せる貯金では、個人年金と同じように自分で貯蓄の管理をしていくのは、大変な部分もありますので、やはりきちんと管理できる個人年金が良いというわけです。

公的年金に見切りをつけて、民間の保険会社が販売している個人年金や郵便局の個人年金に入る方が大変増えているようです。
自分の老後の生活費は、公的年金よりも民間で管理する個人年金のほうが安心できるといことなのだと思います。

公的年金は信用できないところがたぶんにあるので、個人年金などで自分のことは自分でしっかりと準備した方が良いですね。




Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。