健康保険(社会保険)

健康保険における被扶養者について

健康保険は、日本国内に住所を有する全国民であるならば、加入は義務となっているので、必ず加入しましょう。

たとえば、もし病気に掛かった時に、病院で支払う医療費は、健康保険に加入している場合とそうでない場合では、相当の差があります。

日本においての医療費は高齢化に伴い、年々増加の一途をたどっているのですが、これらの医療費をまかなっているのが、健康保険に加入しての保険料なのです。

日本の保険制度を支えているのが健康保険の保険料なので、しっかりと納めるようにしましょう。

日本の保険制度としましては、社会保険の年金制度・健康保険制度・雇用保険制度の3つがありますが、健康保険はこれらの社会保障制度の1つであります。

これらの社会保険の制度の中において、被扶養者は同一の基準で運営されているのをご存知でしょうか?

被扶養者は誰のことを指すかと言いますと、就学中の子供、年収が130万円を超えない配偶者、年収が130万円を超えない同居の親族というのが、基本的な対象となります。

健康保険の加入者の中には、子供の就学や単身赴任などで同居できない場合などもありえます。

そのような場合は、遠隔地の申請などを行うことにより、保険証が別途発行するようにして対応しています。

以前は、保険証に被保険者を記入しておりましたが、現在では健康保険証のカード化することで、被保険者並びに被扶養者に個別に発行されることになりました。

健康保険証は、身分証明書に使われることが非常に多いので、大切に保管しましょう。

健康保険の制度により、被保険者の被扶養者は、被保険者が加入している保険制度と同じ保険制度が適用されることになっています。

被保険者がもし、社会保険に加入しているのであれば、その被扶養者も社会保険が適用されると言うことです。

それで、健康保険の給付内容については、どのようなものがあるかを以下のようにまとめました。

保険者の場合:所得保障、出産育児一時金の支給、出産手当金支給、療養の給付、保険外併用療養費の支給、訪問看護療養費の支給、移送費の支給、入院時食事療養費の支給、入院時生活療養費の支給など

被扶養者の場合:家族療養費の支給、療養の給付、家族移送費の支給、家族埋葬料の支給、家族出産育児一時金の支給、入院時食事療養費、入院時生活療養費、保険外併用療養費、家族訪問看護療養費の支給など

上記の他には、保険者・被保険者ともに高額医療費の支給や療養の給付などにおいて、自己負担金が著しく高額になる場合には支給がありますし、高額介護合算療養費の支給などもあります。

健康保険において、どのような支給があるのかを知っておくことは大切なことです。

昨今の不景気で、健康保険料もかなり負担となっています。

確定申告をして、保険料を確定するような国民保険に加入している人ならば、このマニュアルは、かなり役に立つはずです。

今すぐできる!! 国民健康保険料の激減マニュアル

健康保険(社会保険)

健康保険をうまく利用しましょう。

日本の健康保険制度の改善が叫ばれて以来、何年にもなりますが、なかなかその方向や改善案として、らちが明かないです。

そもそも健康保険制度が、どのようになっているのか理解している方は少ないと思います。

それで、健康保険について簡単に説明しますと、健康保険は大きく分類してますと、4つの種類からなっていることが分かります。

まず第一に、企業グループ等の健康保険組合。

第二に、政府管掌の健康保険。

第三に、共済組合、船員保険。

第四に、国民健康保険

この4種類の中で、国民健康保険を除くと、政府管掌の健康保険や企業グループなどの健康保険組合、共済組合の場合は基本的に強制加入となっています。

会社や公務員などを退職した際には、国民健康保険に変更する必要がありますので、気をつけなければいけません。

ただし、企業グループの健康保険組合や共済組合健保などに、2年間の期限付きで任意継続申請し、企業の健康保険の加入を継続することができます。

企業グループの健康保険組合や共済組合健保などは、国民健康保険と比べますと、医療負担が多少軽いので、任意継続は出来るならば申請したほうが良いかもしれません。

任意継続した場合の被保険者は「任意継続被保険者」となります。

申請には印鑑・身分証明書と、扶養者がいれば被扶養者の所得確認書類又は離職票が必要ですが、要確認と言うところです。

任意継続の場合の利点としまして、前年の所得で保険料が決まる国民健康保険に比べて、保険料が割安になる可能性があります。

ただし、任意継続の場合は企業の負担分が無くなりますから、支払う健康保険保険料は上限はありますがほぼ倍になるところが、難点です。

企業を退社する訳ですから、仕方がないところですが、、、。

この任意継続の健康保険は原則として毎月10日が納付期限ですから、注意しましょう。

もし未納となった場合には、翌日から資格喪失となりますから、納付期限をしっかりと守りましょう。

中には理由について勘案される場合もあるようですが、原則としては認められませんので、任意継続の申請をする際には、きちんと理解しておきましょう。

もし、任意継続をしていて健康保険料を納めた後に、国民健康保険へと変更した場合には、重複既納分は還付されることになりますから、心配はいりません。

また企業グループなどの健康保険組合の場合ですと、「特例退職被保険者」制度を設けている場合があります。

この場合は、満75歳まで継続して任意継続できるようなので、現在加入している健康保険組合に確認してみましょう。

ただし、「特例退職被保険者」の制度を持つ健康保険組合の数なのですが、全国1,500前後ある健康保険組合の中で、わずか70弱しかないようなので、あまり期待はできないでしょう。

健康保険の制度を維持していく上でも、健康保険にしっかりと加入して、保険料をきちんと納める必要があります。

健康保険(社会保険)

健康保険の種類について

よく会社に就職しますと、健康保険に加入するようになっていると聞きますが、この健康保険について、いろいろと調べてみました。

昨今、派遣の仕事をしていた人が、不況で契約が打ち切られて路頭に迷う人が増えているとのニュースが多く流れますが、このような方々の保険がどうなのか気になるところでもあります。

ところで、「健康保険」とは、社会保障の社会保険に分類されているのだそうです。

健康保険というのは、健康保険に加入している被保険者が、病院などで医療を受けなければならない状態になった時、その医療費に対して保険者が一部負担する制度のことです。

日本においては、「国民皆保険」という方針の下に法律を制定し、日本国内に住所を有する全国民(日本に1年以上在留資格のある外国人も含む)が、何らかの形で健康保険に加入するようしているのです。

国民皆保険とはいうものの、家も無く公園等で寝泊りしているような人はどうなるのでしょうか?
いわゆる住所不定無職と言う方たちは、、、

基本的なことですが、日本においては、健康保険は強制保険となっているのだそうです。

まず、「被用者保険」は企業などに働く人たちが加入する健康保険をさします。

この被用者保険において、次の4つの健康保険の種類に分けることができます。

1.全国健康保険協会管掌健康保険
:健康保険組合を持たない企業の従業員が加入する健康保険。
2008年10月からは政府管掌健康保険として、全国健康保健協会が運営していいて、中小企業の従業員は、ここに加入することになります。

2.組合管掌健康保険
:企業や企業グループ(単一組合)、同種同業の企業(総合組合)、一部の途方自治体(都市健保)などの健康保険組合が運営している健康保険です。
2008年8月現在では、1,500の健康保険組合があり、5月1日のメーデーで声を張り上げる人たちはここに加入していることになります。

3.船員保険
:船舶の船員に対する保険です。
健康保険・雇用保険・労働者災害補償保険を総合保険として行っており、2010年1月からは全国健康保険協会が運営の予定なので、1と同様な感じになるでしょう。

4.共済組合
:国家・地方公務員、独立行政法人、日本郵政グループ職員、私立学校教職員が対象の保険です。
厚生年金も併せて運営しているので、上記の1.2.3.とは、性格が異なっていると言えます。

被用者保険以外では、「国民健康保険」があります。

これは地域保険として全ての個人事業主・政府管掌の適用事業所でない個人事業主の従業員無職者が加入するものです。

・国民健康保険
:国保と称されていて、市町村並びに東京都の23区の運営されているものと、国民健康保険組合が運営するものがあります。

大別すると、上記のように2種類に分けられると言うことです。

日本国内に住所を有する全国民(日本に1年以上在留資格のある外国人も含む)は、必ず上記のどれかに加入していることになるはずだと思います。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。