火災保険

火災保険は、自動車保険同様に加入が必須な保険です

あなたが持ち家に住んでいるのでしたら、火災保険加入しておくことはとても大切なことです。

我が家で火事は絶対無いと言う人ほど、意外と火事にあって火災保険に入っておけば良かったという人がほとんどです。

火災保険について幾つか調べてみました。

火災保険とは、まず損害保険の一つだと言うことを理解しておきましょう。

自動車保険が自動車の事故に対しての保険であるように、火災保険は、名前のとおり、火災によって生じる損害について、補填をすると言う目的の保険だと言うことです。

火災保険を分かりやすく言えば、「火事になったときのための保険」であると言うことができす。

火災保険は自分が所有する「建物」と「家財」などに対する損害を補償する保険ですから、それらに発生した、直接的な損害に対して保障されるということを意味します。

また、損害が発生した際に付随してかかる費用に対しても火災保険金が支払われるので、もしもの時の為にも、火災保険には加入すべきでしょう。

私が火災保険に加入をオススメする理由は、以前、団地に住んでいた際に、上の階の人が大量に水をこぼしたおかげで家具が相当痛んでしまいました。

その時、上の住人は団地保険に入ってなく、我が家は団地保険に入っていましたので、相当額の保険料が入り、大変に助かりました。

火災保険も団地保険同様に、いざと言う時にはとても助かるものですから、加入をオススメするのです。

ただし、一口に火災保険と言いましても、火災保険の種類によって補償される範囲はまちまちですし、保険会社によっても、多様な火災保険があり、その補償内容は異なっていますので、その保険内容はしっかりと把握しておく必要はあります。

火災保険についての詳しい補償内容については、各保険会社に確認するとか、保険のセールスをしている人にしっかりと問い合わせることが必要といえるでしょう。

また、火災保険について注意しなくてはならないことは、「地震を原因とする火災による損害については、補償されない」ということです。

さらに、「地震により延焼・拡大した損害」についても補償されないので、地震被害による火災が起きた時のためには、火災保険だけでなく、地震保険を付帯させておく必要があることを、理解しておかなければなりません。

火災保険では、残念なことに地震や津波、噴火などによる大規模災害による火災は、カバーされないということです。

当然のことですが、火災や、大規模災害はいつ、どんな形で起こるのかは予想ができないことは確かです。
地震予知が発達したからと言って、地震を避けることはできません。

火に強い壁ができたとしても、実際に火災が起きてしまえば、どうしようもないことでしょう。

火災保険のお世話にならないで、暮らしていけることは幸いなことと言えます。

しかし、もしもの時の場合を考えても、火災保険も生命保険と同様に加入しておくべき保険といえますね。

火災保険を取り扱っている保険会社は、たくさんありますのでお近くの保険代理店や、自動車保険のセールスマンに問い合わせてみるのも良いかと思います。

子供保険

郵便局の子供保険は学資に重点を置いた保険

子供ができて、まず心配になるのが養育費のことですね。
養育費と一口に言っても幅が広いのですが、教育費と限定してみましても、その費用はかなり掛かるようです。

子供の幼稚園から大学までの学資をざっと合計してみますと、だいたい2000万円から3000万円は必要になると言う算出があります。

幼稚園、小学生、中学生の間は、私立の学校に行くのでなければそれ程でもないかもしれません。

学資が高額になるのは、特に高校受験や大学受験、大学の学資なんです。

それゆえに、子供が0歳のときから、将来どのくらいお金が必要かを計算して、計画的にお金を貯めて置くことが大切になります。

子供の学資を目的とした子供保険として、郵便局子供保険があります。

子供保険に入っていさえすれば、お祝い金や満期金ですべてが賄えると考えがちですが、、それはなかなか難しいものがあります。

とは言うものの、せめて将来の学資にかかる半分でも、子供保険で学資をまかなうことができるならば、とても楽に感じるはずですし、不安も少なくなると思います。

郵便局の子供保険を見ますと、50万円から700万円の間で満期金を決めることが出来るので、子供の学資としてはずいぶん助かるのではないでしょうか?

郵便局の子供保険は、学資の他に医療や疾病などの特約も付けることができますので、学資以外での不安にも対応しています。

いろいろなタイプがある子供保険には、毎年祝い金が給付されるものもあれば、15歳や18歳にだけ祝い金が給付されると言ったものもあり、養育費をどのように考えるかで、いろいろと選べます。

郵便局の子供保険はどうかと言いますと、貯蓄性を重視した子供保険の部類に入りますので、大学受験を考慮した18歳の時に一番多くのお金が出るように考えられています。

郵便局では学資保険の他に、最近、新育英学資と言う商品が出来ました。

この子供保険は、教育準備資金を重視した内容になっているようです。

もし、私立大学に入学しようとすれば、入学金を含めて合格するとすぐに100万円から150万円ほどの学費を納入しなければならないので、とても大変です。
文系の大学と理系の大学では、この入学金はかなり開きがあります。

大学や学部によってもかなり違いがありますが、4年間で、ざっと500万円ほどの学資が必要だと考えておいた方が良いでしょう。

郵便局の子供保険は、こうした大学に関わる資金のことをまず第一に考えた学資保険だと言えます。

子供に何としても大学まで行ってもらいたいと考えるのであれば、郵便局の子供保険への加入は、とても良い選択と言えます。
子供保険には様々な種類がありますので、子供の進学度合いまで考慮して、加入するようにすることも必要だと思います。

子供保険

生協の子供保険は、保険料が安い

子供ができたら、何はともあれ子供保険について考えてみることが大切です。
子供が成長するにつれて、健康も願うことですし、学費についても気になるところが多いことでしょう。

それら気になるところを補ってくれるのが、子供保険なのです。
ただ、子供保険と一口に言ってもそのタイプはさまざまありますが、大きく分類してみますと3つのタイプがあります。

まず第一に、子供の高校や大学受験のための資金として貯蓄をするタイプの学資保険的な子供保険があります。

この学資的なタイプの子供保険は、子供が大きくなるごとに保険料も高くなりますので、なるべくなら0歳から積み立てていくことが大切です。
15歳や18歳の満期に受け取る額が大きいので、掛け金は月2万から3万という感じになるようです。

第二は、医療や事故などに対する保障タイプです。

これは、大人の生命保険と同様で、子供の疾病やけが、交通事故などに際して、給付金が支払われるタイプで、子供保険と言うとこのタイプをイメージされる方が多いかもしれません。
そして、第三は、バランスタイプと言いまして、第一と第二の両方をうまく組み合わせて、子供保険としているところです。

ところで、生協の子供保険のタイプは、どちらかというと、第二の保障タイプに入るようです。
生協の子供保険と言うのは、あまり聞いた事がないですが、COOPなどの生協スーパーや、宅配の生協を利用している人は、見聞きしたことがあるのではないでしょうか?

それで、生協の子供保険なのですが、もし、子供がけがや病院で入院した場合、日額6000円が給付される仕組みとなっていて、標準的な保障タイプの子供保険となっています。

そして、生協の子供保険の一番の大きな特徴なのですが、次月の掛け金が、1000円や2000円というように、大変に安いので加入がしやすいということです。

また、ほとんどの子供保険において、面倒な申請をしなくてはなりませんし、申請書類のほかの必要書類にも細かく記入して答えなければならないのが普通ですね。

しかしながら、生協の子供保険は、加入方法がとても簡単となっており、給付金をもし請求することになった時にも、手続きがとても簡単となっているのです。

書類に用件を書き込んで、領収書を貼り付ければ、申請手続きはOKとなるのです。

他の生命保険会社の学資保険的な子供保険に加入している人の中には、生協の子供保険に合わせて加入するという人は多いようなのです。

子供の小さい時は、養育費が結構必要なものです。
子供保険は、子供が小さい時から保険料を支払って行きますので、無理のない掛け金で契約したいものです。

将来の学資と病気などの医療を考慮しながら、子供保険に加入するようにしましょう。

子供保険

子供保険、学資、医療の両面で三井住友海上がお勧めです

いろいろな保険会社から、様々な子供保険が出されていますが、それぞれ特徴があり、選ぶのに苦労します。
子供保険は、子供が大きくなってから加入するとなりますと、結構高いものです。

子供が生まれる前から、加入すると言うのが一番ですが、どの保険会社の子供保険が良いかが問題になります。

今日ご紹介する三井住友海上の子供保険は、いろいろとある子供保険の中でも、大変に人気があり、お勧めなのです。

まず、特色としましては、子供の成長に合わせて、教育にかかる資金を準備することが出来るという点です。

子供の教育費と言うのはとても掛かるもので、幼稚園から大学まですべて私学に通うとなると約2000万円、すべてを国公立にしたとしても私学の約半分の1000万円近くにのぼると言われております。

子供が小さいうちから将来の教育資金を考えて自前で貯蓄したりするのは、なかなか難しいことでもあります。

そこで、学資保険としての子供保険に加入して、子供の学資を計画的に準備する必要があると言えるのです。

三井住友海上の子供保険では、学資の他にも、けがや病気についての医療保障が充実しているので、医療と学資の両方に加入するという感じで、他の余分な保険に入らなくて済みます。

また、三井住友海上の子供保険の大きな特徴としましては、子供保険に加入すれば、子供を育てていく上での色々な悩み、相談ごとなどを電話ですることができので、とても助かります。
そして、育児相談サービスの通話料は無料となっていますので、大いに利用すべきでもあります。

医療面での保険内容も充実しておりまして、不慮の事故で契約者が死亡した場合や、重度障害を負った場合などでは、保険料はそれ以降免除となるのです。
そして、学資お祝い金は予定通り受け取ることが出来ますので、何かがあったとしても安心して加入していられます。

他の保険会社にない特色としましては、三井住友海上の子供保険は、子供の医療保障に加えて、誤って高額な商品を壊してしまって賠償責任を負った場合などにも、最高3000万円まで保障がされますので、子供を育てる上での安心感がとても高いと言えますね。

また、オプションで特定感染症危険担保特約と言いまして、0−157などの特定感染症にかかった場合に補償が受けられるようになっています。

この特約は、さらに後遺症害保険金、入院保険金、通院保険金、葬祭費用保険金が含まれています。
葬祭費用については、最高で300万円となっており、保障が高くなっています。

医療、学資両面において、三井住友海上の子供保険は、幅広い保障と無理のない掛け金となっておりますので、大変に人気があります。

もし、子供保険でお悩みでしたら、一度資料を取り寄せてみるのが良いと思います。
三井住友海上の子供保険はお勧めではありますが、その他の保険会社の子供保険とよく比較してみてから、決定するのも良いと思います。

子供保険

子供保険のランキング1位はどこ?

子供ができたら、まず考えなければいけないのが、子供保険ではないでしょうか。
子供が生まれてからですと、養育に忙しくて子供保険を検討して加入することを忘れがちとなりますので、出産前から加入しておくことが大切。

出産前から加入しておくと、保険料も安くなったりしていますので、お得とも言えます。
現在たくさんの保険会社で、子供保険が準備され商品化されています。

子供保険の本来の目的は、子供の高校受験や大学受験のための学資を積み立てるための保険だったのです。

安い積立金で、大きな学資金を得るための子供保険に加入する人がふえてきていて、さらに、最近の子供保険の傾向としては、子供が0歳から18歳までの長い積み立て期間中に、医療保障や保険契約者の死亡保障などがつくような充実した保険へと、変わりつつあります。

いろいろとある子供保険の中で、人気ランキング1位は、アフラックの「かわいいこどもの保険」のようです。
アフラックはCMによる宣伝が大きくものを言ってますね。
契約者の年齢によって保険料は変わって来るのですが、子供が0歳のうちに加入するのがやはり安くて済み、その後だいたい無理のない保険料で、充実した学資金が受け取れる子供保険となっているので、宣伝もさることながら、内容も充実しています。

人気ランキング第2位は、アリコの「学資積み立てプラン」という子供保険になります。さすがわアリコジャパンですね。
AAコースからDDコースまで4つのコースが設けられているので、無理のない学資プランが立てられるのが、大きな特徴となっています。
保険料の多い少ないに関係なく、同じ医療保障が付いているところも人気の理由の一つで、安心の子供保険と言えるでしょう。

人気ランキング3位は、「三井住友海上きらめき生命」の子供保険になります。
この保険が人気が高いのは、進学お祝い金と医療保障、養育年金をセットにして保障されているところで、最も基本的な子供保険とも言えるところでしょう。
契約者が万一死亡したり、重度障害を負った場合などに、保険料免除で22歳まで養育年金が給付されるなど、他の子供保険にはない点も人気の理由です。

人気ランキング4位は、太陽生命の子供保険、「わくわくぽっけ」となります。
この保険の人気の大きな理由は、大学受験時の10月1日に学資給付金が受け取れるということで、推薦入試にも学資の準備が出来る点と言えます。

子供保険の加入に悩むのであるならば、人気ランキング1位のアフラックの「かわいいこどもの保険」に加入しておくのが無難と言えます。
学資保険としての内容が非常に充実している点が、お勧めといえます。
学資と医療もと言うのであれば、アリコの「学資積み立てプラン」ということになりますね。

子供保険

アリコの子供保険は医療も学資も充実

アフラックと同様に、アリコジャパンに子供保険がありますが、魅力的な商品として人気が高いです。
アリコジャパンの子供保険について調べてみることにしました。

アリコジャパンの子供保険には、4つの保障プランがあるようです。

4つの保障プランのうちのAAプランでは、契約してから5年経過していれば、毎年20万円ずつ学資給付金を受け取ることが出来るようになっていて、尚且つ、子供保険の医療保障も充実していて、一泊二日の短期入院から保険料が下り、日額5000円を受け取ることができる様になってます。

ただし給付金については、1入院につき60日、最高通算で730日までの期限付きとなっているので、注意が必要です。

また、不慮の事故に関してですが、一回につき30000円の給付金を受け取ることができるなどの保障が充実してます。

さらに、無事故の場合には、無事故ボーナスを毎年5万円ずつ、累計で20万円受け取ることができるなど、医療的な面での充実がはかられています。

アリコジャパンの子供保険は、他社には無い安心保障の子供保険だと言えますね。

また、アリコの子供保険の学資保険的側面を見ると、18歳の時に100万円の給付金を受け取ることができるようになってます。
累計では、360万円の学資積み立てができるようになっています。

アリコの子供保険では、無事故や学資の給付金は、積み立てておくことができるのが特徴でもあり、利子も付きますし必要な時に引き出すことができるなど、貯蓄としての保険にもなります。

ですから、15歳や18歳の高校受験や大学受験に備えて、学資の準備としてアリコの子供保険に加入するのはとてもお勧めでもあります。

上記の他には、アリコジャパンの子供保険には、契約後5年経過してから、15万円の給付金を受け取るBBコースや、10万円の給付金を受け取るCCコース、それに5万円のDDコースがあり、それぞれ安心保障の高い子供保険でもあります。

ちなみに、アリコの子供保険の学資給付金の受け取りは、18歳で修了しますが、医療保障は22歳まで継続しまので、この長期保障は魅力的ではないでしょうか。

どのコースを選んでも、医療保障や無事故ボーナスの保障は同じ内容になっています。

アリコの子供保険は、学資的な面や医療的な面での充実度には高いものがあると思います。
アリコの子供保険は特にお勧めしたい保険ですね。

子供保険

子供保険ならアフラックは人気第1位

子供保険もいろいろとあるのですが、CMでもだいぶ御馴染みになっていて、ガン保険で有名なアフラックの子供保険は、どうなっているのでしょうか?
アフラックの子供保険について少し調べてみましたので、参考にしてみてください。

アフラックの子供保険は、保険会社比較で人気は、第一位となっていて、さすがアフラックと言ったところでしょうか。

理由としては、子供の医療保障の内容が充実していることですとか、保険料が安いことにより、人気が高いようなのです。

CMで御馴染みのアフラックの子供保険は、「かわいい子供の保険」という名前が付いていて、覚えやすい保険名となっています。

特に15歳の高校進学、18歳の大学進学の時期を、きちんとサポートするように設定されているところは、アフラックらしく抜け目はありません。

祝い金については、上記の時期の他、自由に設定が可能となっています。

もちろん、契約者に万一のことが合った時などには、保険料の払い込みは必要ありませんので、安心してください。

ただし注意していただきたいのが、この特約は子供保険の契約時に、保険料払込免除特則付きを選んだ場合に限られるので、気になる方は特約を入れておきましょう。

それからもう一つ気をつけないといけない事が、アフラックの子供保険の場合、子供保険の被保険者が、0歳から5歳までの間に加入しなくてはならないことです。

その他メリットとしては、5年ごとに契約者配当金を受け取ることができるという点は、アフラックならではの子供保険ではないでしょうか。

また、子供保険の保険料をまとめて前納する場合においては、毎月保険料を支払うよりかなり安くなるので、余裕のある人にはオススメです。

アフラックの子供保険の一番の目的としましては、事故や医療というよりは、子供の教育資金を貯めるということに重きを置いてます。

そういう意味では、アフラックの子供保険は学資保険に近いとも言えます。

子供の出産直前くらいからの少しでも早い段階から、子供の教育資金を貯めていく為に、アフラックの子供保険に加入することは、子供の幸せにも繋がることでしょうし、家計の負担も軽くすることでしょう。

「かわいい子供の保険」の保険料の支払い方法は、月払いだけでなく、半年払い、年払いがありますので、上手に使い分けると良いです。

子供保険はだいたいそうですが、早く支払いを始めるほどに支払う保険料が安くなるので、早めの加入がお勧めです。

出産前加入特則付きの場合ですと、出産予定日の140日前から子供保険に加入することができるので、出産前後のばたばたした時期に保険をどうするかといったことを考えなくてすみます。

この場合、母親が契約者になると、満期祝い金が100万円までとなることを注意しておきましょう。

子供保険の人気第一のアフラックらしく、きめ細かな対応が出来る子供保険というところです。
子供が出来ましたら、早めの子供保険の検討をして、出産前から加入しておくに越したことはないです。

子供保険

子供保険を比較して、目的にあったものに加入しましょう

奥さんが妊娠して、子供が出来たら最初に考えておいた方が良いのが、子供保険だと思います。
子供に保険をかけておくことで、いざ何かあったときにとても助かりますし、生まれる直前くらいから保険を掛けておきますと、生まれてからよりも保険料が安かったりします。
また、子供が生まれてからでは、育児に忙しくて子供保険をどれにするかの検討している暇がないことでしょうから、生まれる前から検討しておくと良いです。

保険会社が出している子供保険を比較する際に、保険会社で比較する場合とその内容で比較する場合の両面を考慮する必要があります。

子供保険を保険会社で比較した時の人気一位は、アフラックのかわいい子供の保険になります。
アフラックの子供保険は、出産予定日の140日前から加入することが出来ますので、出産前からしっかりと加入することが望ましいです。
この子供保険は、特に15歳から18歳までをサポートする保険となっていて、18歳に受け取る祝い金を100万円から800万円まで10万円刻みで設定することが出来るなど、自由度が高いと言えます。
注意していただきたいことは、この子供保険の契約時期に制限があり、子供が0歳から5歳までとなってる点です。

そして、第二位の人気はアリコジャパンの子供保険となってます。
アリコジャパンの子供保険は、万一怪我で子供が入院した場合に、日額5000円が支払われる点で、医療重視の保険ともいえます。
また、一泊二日の入院から保障の入院金がありますので、他社の子供保険よりも医療保障が充実しているところに特徴があります。

上位2社の他に、三井住友海上きらめき生命保険の子供保険では、一人一人の子どもの状況に合わせて保険プランが立てられるようになっていて、一度の何人かの子供さんが加入する際に、自由度があり、加入しやすいところがあります。

少しマイナーな保険会社としては、太陽生命の子供保険があります。
子供の3大疾病の保障や、子供が15歳や18歳になるまでに保険料の振込みが完了するようにプランが立てられているなど、子供の年齢に応じた支払い方法があります。

次に、子供保険をその内容で比較した場合には、大抵の家庭に言える事ですが、子供にお金が掛かり始める前の15歳までに、子供保険の保険料の振込みが完了している方が家計の負担が軽くなりますので、望ましいと言えると思います。

また、子供の医療に関わる怪我や病気の保障に関しては、別の掛け捨て保険でまかなうようにして、学資費用を中心にした子供保険を選ぶようにすることで、子供に関わる保険料を減らすことも良い考え方ではないかと思います。

理由としては、子供が二人、三人となってくると、保険料が大変になるからです。

なるべく、子供が小さい段階で、子供保険に入ることが大切。
できれば、出産前から加入しておきますと、保険料も安く学資保険的な貯蓄ができるのでオススメです。

子供保険

子供保険は0歳から加入しましょう

子供が出来てから準備を考え始めるものに、子供保険がありますね。
最近は、何かと物騒なこともありますし、病気についても気をつけなければならないことが多いです。
また、子供の受験のことを考えると、子供保険に加入することに越したことはないと思います。

子供保険の加入の目的としては、子供が怪我をしたり、病気になったりといった医療保険と、教育資金のための積み立て型の大きく分けて、2つの目的で加入することが多いです。

子供保険の多くは、万一親が病気や事故で高度障害を負った場合や、死亡した場合には、その後の保険料は免除されます。
そして、子供保険が満期になった時の祝い金や、その他のお祝い金を受け取ることが出来るようになっています。

子供保険については、どこの生命保険会社にも用意されているようです。

ある保険会社では、子供保険の満期受け取り時期を自由に設定することが出来るなど、保険の自由度を高めているところもあります。

たいていの子供保険の満期は、大学受験に合わせた18歳満期が一般的となっているようです。

そして、高校受験時に一部の保険金を受け取ることが出来るようにして、学資保険的意味合いも含めることが多いです。

子供保険は0歳から加入できるようになっていますので、保険料を安くしたいと考えるならば、子供が生まれてすぐに加入すると良いです。

出来れば、子供がお腹にいる間の内から、どの保険会社の子供保険に加入するかなど、しっかりと決めておくと良いと思います。
生まれて間もない時期と言うのは、何かと手間が掛かりますので、子供保険への加入の時期を逃すこともあります。

気がつくと、加入が遅くなり、保険料も高くなってしまうことも多々あります。

保険会社によっては、0歳から加入した場合、小学校入学時から、満期金を受け取るように設定ができ、私学の小学校を考慮している親にとっては役に立つ子供保険もあります。
そして、受験の時期にあわせて、中学入学時にいくら、高校入学時にいくら、大学受験時にいくらと決めることも出来るので、学資保険としての加入にも良いですね。

子供保険の保険料を抑えようと考えるなら、大学受験の時だけに満期金を受け取ることができるように設定すると、保険料はだいぶ安くて済むようです。

子供の教育費は、小さいうちよりは、大きくなってからのほうが、かなり掛かります。

高校受験や大学受験を前にして、塾に行くようになることが多くなりますので、教育費はかなり掛かります。

また、市町村にもよりますが、子供の手当ては、だいたい小学校の高学年くらいまではでるのですが、それ以降は手当ては出ません。

そこで、子供が大きくなってからの、一番お金が必要になる時の事を考えて、子供保険を学資保険代わりに加入するべきだと思うのです。

私事で申し訳ないのですが、我が家では、子供保険に加入し損ねて失敗したと思っています。
特に、高校以降は、教育費が飛躍的に掛かることが想定できますので、子供保険に加入することで、経済的な不安を少しでも軽くしておけば良かったと後悔しています。

個人年金

個人年金はどの保険料控除の対象になるのか

個人年金保険料控除に対して、いろいろと調べてみるとだいぶ面白いことが分かってきました。
それは、個人年金が生命保険の控除対象なのか、個人年金保険料の控除の対象になるのかは、各保険会社が出している個人年金の商品によって、だいぶ違うということなのです。

できれば、生命保険等の控除とは別枠の個人年金保険料の控除対象等になる商品を選びたいものです。

それで、個人年金の控除についてなのですが、<アフラック>の個人年金の場合は、「個人年金保険料控除」の対象商品となっているようです。

年末控除時あるいは確定申告時において、<アフラック>の個人年金は、生命保険料控除と別枠で控除を受けることができる商品なので、とても助かります。

<日本生命>の個人年金の商品『年金名人』はどうかと言いますと、個人年金の契約の際に、「個人年金保険料税制適格特約」を付加した場合は、払込んだ保険料は、一般の生命保険料控除とは別枠で、所得税法・地方税法に定める「個人年金保険料控除」の対象となるようなのです。

個人年金によっては、毎年の所得税や住民税の負担が軽くなる商品があることなども知っておくと、個人年金に加入する際の検討には、役立つことでしょう。

ただし注意しておきたいのが、税務の取扱等については、毎年のように改変されておりますので、個人年金の加入に際しての実際の契約時には、国税局・税務署等にしっかりとした確認は必要かと思います。

<かんぽ生命>の個人年金はどうでしょうか。
<かんぽ生命の>の個人年金は、個人年金保険料控除が受けられるというのは、
・本人又は配偶者が年金受取人であること。
・保険料が10年以上の期間、定期的に払い込まれるものであること。
・年金が満60歳になってから10年以上の期間について定期的に支払われるもの、又は年金受取人の生存中において定期的に支払われるものであること。
上記のすべての要件を満たすものであること、となっています。

郵便局で扱う個人年金は、条件がいろいろとあるので少し面倒かと思います。

これらの会社のほかにも、個人年金を取り扱っている会社はあります。
しかしいずれも、保険料控除については、発行されているパンフレットでの確認や、契約前に「契約締結前交付書面(契約概要・注意喚起情報)」を十分に読み確認が必要です。この契約内容の要確認は、顧客としては大切なことなので、出来る限りしっかりやりましょう。

個人年金についていろいろ調べてみると、保険料の控除が生命保険などとは別枠で、控除があると言うことが分かりました。
個人年金に加入する、できるかぎり生命保険とは別枠で、控除が受けられる商品を選びたいものです。

<<前の10件  1 2 3 4  次の10件>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。